top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

えっ、これも!?人気ゲームを原作に持つ実写映画9選

エンタメウィーク(映画)

えっ、これも!?人気ゲームを原作に持つ実写映画9選

日本の漫画やアニメが海外に渡り、多額の制作費をかけて新しく映画として生まれ変わる……、というサイクルは最近では常識になりつつありますが、なかでも注目したいのが“日本の人気ゲームの映画化”。2021年3月26日(金)に公開された映画「モンスターハンター」を皮切りに、「メタルギアソリッド」や「ロックマン」、「Ghost of Tsushima」など、日本発のゲームを題材にした実写映画のプロジェクトが着々と進行中!



画像名
<映画.com「バイオハザードIV アフターライフ」より>


ゲームを原作に持つ映画の楽しいポイントは、プレイした人にだけ分かる小ネタの多さ。例えば映画「バイオハザード」では、ゲームプレイ中の「緊急回避」と呼ばれる特殊コマンドの入力シーンを忠実に再現しており、ファンであればニヤリとしてしまうシーンが多く練り込まれています。今回はそんな人気ゲームの実写作品のなかから、原作ファンはもちろん未プレイでも楽しめるおススメのタイトル9本をご紹介! 大迫力のCGやゲームの世界を再現した大規模なセットにも要注目です。

爽快なスピード感にスッキリ!「ソニック・ザ・ムービー」

画像名

セガの世界的人気ゲーム「ソニック」シリーズが、ハリウッドでまさかの実写映画化! 宇宙最速のハリネズミ・ソニックは、ある日故郷を離れ地球へやってくる。そこで出会った保安官トムとバディを組んだソニックは、マッドサイエンティストのドクター・ロボトニックが企てる悪事を阻止するべく、大冒険へ出ることに。実際に映画を鑑賞した人からは「終始ソニックが可愛かった」「ゲームをプレイしたことがある人なら興奮するはず」と高評価を得ている楽しい一作です。

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

映画バイオ完結編!人類の行方はいかに!?「バイオハザード ザ・ファイナル」

画像名

「モンスターハンター」と同じく、ポール・W・S・アンダーソン監督とミラ・ジョボビッチのタッグが贈る、カプコンの人気作「バイオハザード」の映画作品です。人類の大半がアンデッド(ゾンビ)となった世界で、人類最後の希望となったアリス。しかし、すべての元凶となった巨大企業アンブレラ社は、最終決戦に向けて着々と準備を進めていた。果たして、アリスはアンブレラ社との因縁の戦いに終止符をうつことができるのか!? ラストにはアリスに秘められた衝撃の真実が明らかに……!

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

大迫力のアクションに震える!「トゥームレイダー ファースト・ミッション」

画像名

スクウェア・エニックスの人気ゲーム「トゥームレイダー」の映画は、ゲームさながらのドキドキが味わえると人気! 資産家で冒険家の父・リチャードを亡くしたララは、彼が死の直前に日本の女王ヒミコが葬られたという、絶海の孤島に向かったことを知る。ヒミコの呪いが世界存亡のカギを握っていると聞いたララは、父の遺したミッションを遂行するため島を目指す!

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

ワイヤー無しで挑むイーグルダイブに注目!「アサシン クリード」

画像名

全世界で人気がある同名ゲームシリーズが、映画になった! 記憶を失った死刑囚の男、カラム・リンチは、遺伝子操作により祖先の記憶を追体験させられる。カラムの祖先はルネサンス期のスペインで暗躍する伝説のアサシンで、禁じられた秘宝のありかを知る、歴史上最後の人物でもあった。現在と過去を行き来する中で、自身の遺伝子に秘められた人類の歴史を変える大きな秘密を知る。作品を象徴する高所からの大ジャンプ、通称「イーグルダイブ」は、なんとワイヤー無しのフリーフォールで撮影を行ったそう。緊迫感溢れるアクションは必見です。

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

実写ポケモンたちが可愛いと話題に!「名探偵ピカチュウ」

画像名

発表当時、SNSで大いに話題になった「ポケットモンスター」の実写映画。青年ティムは、父・ハリーがポケモンにまつわる事件を追い消息不明になったことをきっかけに、大好きだったポケモンを遠ざけるようになる。ある日、ティムの前に現れたのは、かつてハリーの相棒だったという人間の言葉を話すピカチュウ。「ハリーはまだ生きている」と確信を持つピカチュウは、ティムとともにハリー探しの旅へ出ることになるが……。ポケモンたちのビジュアルを精巧に表現したCGは一見の価値ありです。

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

地球の危機をオタクが救う!?80年代のゲームが大集合「ピクセル」

画像名

パックマンやドンキーコング、スペースインベーダーなど、80年代を彩った人気ゲームのキャラクターたちが一同に会す夢のような一作。宇宙人との交流を夢見た人類は、宇宙に向けて映像を発信。しかし、宇宙人たちはそれを挑戦状だと勘違い!? 地球が発信したゲームキャラクターに扮して、宇宙人の地球侵攻が始まってしまう!

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

“青い化け物”に追いかけられる恐怖「青鬼」

画像名

日本発のゲームアプリ「青鬼」の鬱蒼な世界を忠実に再現したホラー映画です。転校生のシュンはクラスに馴染めず、憂鬱な毎日を送っていた。そんなシュンを気に掛ける杏奈は、化け物が現れるという洋館「ジェイルハウス」へ行こうと提案。館へ足を踏み入れたシュンと同級生たちの背後に、不気味な青い影が忍び寄る……!

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

“謎の事件”から始まる都市伝説的恐怖「サイレン FORBIDDEN SIREN」

画像名

1976年、謎のサイレンとともに島民全員が謎の失踪を遂げた夜美島。由貴とその家族は、病弱な弟の療養のため、この島へ引っ越すことに。そこで隣人から「サイレンが鳴ったら、外に出てはならない」という忠告を受ける。島に流れる異様な空気に不安を抱きながらも、由貴は島での生活に慣れていくが……。視聴者を静かに恐怖させるジャパニーズホラー独特の空気感に、冷や汗がジワッと滲みます。

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

お馴染みの人狼が生死をかけたデスゲームになる!「人狼ゲーム ラヴァーズ」

画像名

プレイヤーが村人や人狼などの役職に分かれ、互いの正体を探りあうパーティーゲーム「人狼」を題材にした作品。かつて生き残りをかけたゲームに参加経験があるメンバーを集めて、プレイがスタートする。主人公の高野蘭子は家族を借金地獄から救いたい一心でデスゲームに参加するが、新たな役職「恋人」が与えられたことにより、参加者たちは混乱していく。果たして蘭子は完全勝利をし、生き残ることができるのか?

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

実写で描かれる人気ゲームの映画は、世界観や雰囲気により説得力があるもの。作中に隠された小ネタを探して、週末はじっくり映画鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか?

画像提供:映画.comより

TOPICS

ランキング

ジャンル