top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

草なぎ剛、噂の真偽を明かす「レオタードが嫌で体操部やめた」は本当

SmartFLASH

 草なぎ剛が、2021年4月3日公開のYouTube『ユーチューバー 草なぎチャンネル』の動画で、ネットに出回っている噂の真相を語った。

「不良に『バク転してみろ』とからまれて、地下鉄のホームでやった」という噂について、「不良ではなく森且行君に言われて」と明かす。森のSMAP在籍時代、「お兄ちゃんって感じで。お兄ちゃんの言うことには逆らえなかった」と振り返り、地下鉄の、周りに人がいない安全な場所でバク転をしたという。

 また、「中学時代、体操部に入るが、レオタードが嫌ですぐやめた」という噂も本当だという。小学校の器械体操が得意だったことから中学で体操部に入るが、「すげえモッコリしてる。その姿が嫌でやめた」と回想。芸能活動も始めて「興味が全然違う方向に行った」という。

 噂の真偽を語った草なぎにYouTubeのコメント欄にはさまざまな声が書き込まれた。

《ひとつひとつ、前向きにとらえている剛くん好きだなぁ》

広告の後にも続きます

《国民的大スターが、いつまでも変わらない普通の感覚を持っておられるのが、本当にスゴイと思う。だから愛されるんだなぁ…》

《どれもいい話でした。剛くんが語ってくれてうれしかったよ》

「今回の動画で草なぎさんは、『高校時代に2時間かけて通学、3年間無欠席』という噂も本当だと告白しています。埼玉県の春日部から堀越高校まで通い、『3年間、無遅刻無欠席、堀越賞をもらった』と話していました。芸能コースに入り、『仕事で遅刻します』と言いたかったけれど、実際には個人の仕事はなく、逆に学校に行くことが生きがいになったそうです。その達成感が自信になったことを明かしていました」(芸能ライター)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル