top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「夫が亡くなった時も」橋田壽賀子さんと石井ふく子氏の60年

女性自身

「夫が亡くなった時も」橋田壽賀子さんと石井ふく子氏の60年

「橋田さんとは60年のお付き合いです。年中喧嘩したり、相談したり、家族のように付き合ってきました。一日電話しないと『どうしたの?』と心配されることもありました」

 

「思い出がありすぎて何も言えません。こんなに急だなんて悔しくて、なんと言っていいかわかりません」

 

こうコメントを発表したのはTBSのプロデューサー・石井ふく子氏だ。’21年4月5日、脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)が亡くなったと発表された。そこで橋田さんと深く親交のあった彼女は、冒頭のようにコメントした。

広告の後にも続きます

 

2人は’64年のドラマ『愛と死をみつめて』や’79年の『女たちの忠臣蔵』、そして’90年にスタートした国民的ホームドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(すべてTBS系)など数々の名作ドラマを世に送り出してきた。

 

「出会いは橋田さんが34歳で、石井さんが33歳の頃。橋田さんは年下の石井さんに叱られてばかりだったそうですが、その心配りやユニークさに心を許していたといいます。また同年代の女性同士だからこそ、言いたいことも言える仲でした。

 

石井さんは原稿を受け取る際、必ず熱海にある橋田さんの自宅にまで出向いたそうです。橋田さんは原稿を鉛筆で書くのですが、石井さんは『ここで休憩を入れたな』と文字を見てたびたび気づいたといいます。それほど橋田さんのことを理解していました」(スポーツ紙記者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル