お笑いコンビ・ミキ、チューバッカと阪堺電車に乗って「デートしたい」
お笑いコンビ・ミキ、チューバッカと阪堺電車に乗って「デートしたい」
『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若かりし頃にスポットを当てた『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。本作の公開を記念して、大阪唯一の路面電車として親しまれている阪堺電車(阪堺電気軌道)では、ハン・ソロの相棒であるチューバッカをモチーフにした特別車両「チューバッカトレイン」を期間限定で運行。この出発式イベントが阪堺電車・あびこ道車庫(大阪市住吉区)で行われ、お笑いコンビ・ミキ、そしてチューバッカが登壇した。
本作では、ハン・ソロの名前の由来、なぜ彼が宇宙へ旅立ったのか、チューバッカとの出会いなどが描かれている。

『スター・ウォーズ』を題材にした漫才で知られ、2017年のM-1で3位に輝いたミキは、同シリーズ関連の仕事が急増したそうで、『ハン・ソロ』では弟・亜生が声優として日本語吹替版にカメオ出演。ドッキリだと疑ったという亜生は、「(アフレコをする)スタジオに入ったら絶対に落とし穴があると思っていた。でも偉い人たちがスタジオにいたので、『これは本気でやらないと』と、芸歴7年をぶつけた」と全力投球。

一方の兄・昴生は、チューバッカトレインについて「遠くから見てもチューバッカだと分かる。ただ、電車関連のお仕事が、中川家さん以外にも来るなんて。あとで礼二さんに連絡をしておきます」とマニアックな電車ネタを武器とする先輩芸人のことを意識。

またこの日は、実物(?)のチューバッカも登場。「大阪に来たのは初めて?」と質問を振られて、「ヴオオーーッ」とひと吠え。さらに、トレインを見た感想については「ホホホー!」と興奮の雄叫び。亜生が「喜んでいます」とウーキー語を通訳した。

昴生は、このチューバッカトレインに乗って「住吉大社に行きたい。チューバッカに日本のお参りの仕方を教えたい」、亜生は「(天王寺の商業施設)ミオでチューバッカとデートをして、おしゃれをさせたい」と希望した。

チューバッカトレインは映画公開の期間中、阪堺電車の上町線「天王寺駅前~住吉」、阪堺線「恵美須町~浜寺駅前」を運行する。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は全国公開中。
(更新日:2018年7月3日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME