top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【自動車の歴史】日産自動車の歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

MOBY

日産自動車とは?

日産のエンブレム
日産のエンブレム

日産自動車は、神奈川県横浜市に本社を構える日本の自動車メーカーです。「やっちゃえNISSAN」というキャッチフレーズは上のCMでもおなじみです。

現在はフランスの自動車製造大手ルノーとアライアンス関係にあり、高級車ブランドである、「インフィニティ」、そして新興国向け低価格ブランドとして「ダットサン」を展開しています。日本国内年間販売台数では、第4位のシェアを誇る、日本屈指の自動車メーカーです。

今回は、そんな日産自動車をここまで大きな自動車会社に押し上げた、過去の人気車種や、モータースポーツでの実績、さらに今後の展望についてまとめています。

【車のエンブレム一覧】日本車&外車のマーク・ロゴを完全網羅!

日産自動車のルーツ

日産 ダットサン 12型フェートン 1933年

1911年、橋本は東京・広尾に国産乗用車の生産を目指し、快進社自動車工場を設立し、日本の交通事情に合う小型乗用車を設計します。そして、その車は、資金協力者の田健治郎・青山禄郎・竹内明太郎のイニシャルを並べDAT自動車(脱兎号)と命名されて発売されました。

その後、快進社はトラックの開発などに取り組みますが経営状況は悪化。1925年に解散してダット自動車商会として再出発します。

広告の後にも続きます

一方、大阪では久保田鉄工所を中心として自動車を造りを目指し、1919年に実用自動車製造が設立されました。アメリカ人技師のウィリアム・ゴルハムの指導を受け、三輪自動車のゴルハム号の製造が始まります。

しかし、関東大震災後に米国の自動車が大量輸入されると経営が悪化。そのため、東京のダット自動車商会と合併し、ダット自動車製造を設立することになりました。

ダット自動車製造は、DATの息子という意味を持つ「DATSON(ダットソン)」という車名を持つ乗用車を開発しました。しかし、「SON」は「損」を連想させるため、発音が同じで太陽を意味する「DATSUN(ダットサン)」に改名されたのです。

そして、この車の生産拡大のために、鮎川義介が設立した戸畑鋳物が資金提供。さらに、自動車部品を製造していた戸畑鋳物は、自動車工業への進出を企画し、ダット自動車製造を傘下に迎え入れました。

その後、鮎川が設立した持ち株会社、日本産業と戸畑鋳物で出資して、自動車製造を設立しました。そして1934年、自動車製造は社名を変更し、日産自動車が誕生したのです。

【自動車メーカーの歴史】トヨタ自動車の歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

日産を襲った業績悪化とルノーへの統合の歴史

カルロス・ゴーン氏

1990年代、日産自動車の経営状況はデザインの方向性や、マーケティング戦略の失敗により悪化、さらに2000年3月期の連結最終赤字は6,843億円にも上り、このままでは倒産というところまで追い込まれていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル