top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小宮正安氏に聞く~19世紀末に花開いた「メルヒェン・オペラ」が今、伝えるもの/東京・春・音楽祭2021「メルヒェンの時代へ…」

SPICE


2021年、11回目を迎える東京春祭マラソン・コンサートは、没後100年を迎えるメルヒェン・オペラの第一人者エンゲルベルト・フンパーディンク(1854-1921)や、彼の代表作《ヘンゼルとグレーテル》をはじめ、19世紀末に盛んにつくられた「メルヒェン・オペラ」にスポットを当てる。このマラソン・コンサートは毎年、生誕250年のベートヴェンや没後150年のロッシーニなど、その年ゆかりの音楽家や歴史的節目をテーマに、トリビア的なエピソードや東京春祭ならではのレアな演目を交えて音楽に斬り込むユニークなプログラムの一つで、今年も興味深いテーマを準備してくれた。

そこで企画構成を担当した小宮正安氏(ヨーロッパ文化史研究家/横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授)に、「メルヒェン・オペラ」やその時代背景、コンサートの聴きどころを伺った。

なお今回のマラソン・コンサートは従来の1時間5部構成から90分3部構成に変更し、ライブストリーミングも実施。さらに幕間のYouTubeでは本編では、取り上げきれなかった話題などを配信するので、こちらも要チェックだ。



■統一ドイツという大言壮語な世界に誕生したメルヒェン・オペラ

――まずは「メルヒェン・オペラ」とはどういうものかについて、お話を聞かせてください。

広告の後にも続きます

今回は「メルヘン」ではなく、敢えてドイツ語の「メルヒェン」にこだわりました。日本語でメルヘンというと、女の子がお花畑で妖精と遊んでいるようなイメージがあり、英語の「フェアリーテール」、フランス語の「コント・ド・フェー」もどちらかというとその雰囲気に近いかもしれません。しかしドイツ語の「メルヒェン」は本来「小さな話」「小さな報せ」という意味で、そこにはかわいらしいものから怖いもの、暗黒、不思議な異世界的なもの、怪奇・猟奇的なものなどすべてが含まれる、なにかおどろおどろしいものもやってくるような言葉なのです。

次に今回の主役フンパーディンクが活躍していた時代――とくに19世紀後半から20世紀初頭は、市民社会や近代産業、近代科学が興った新時代で、そんな時代に荒唐無稽な「メルヒェン・オペラ」が生まれたというのもまた押さえていただきたい点です。

さらに19世紀後半の1871年はプロイセン王国を中心とした統一ドイツが誕生するという、歴史的な出来事がありました。それまで連合国家の体をなしていたドイツ語圏に誕生した初の統一国家でした。そもそもドイツ語圏では19世紀初頭のナポレオン戦争後、ドイツ統一の機運が生まれますが、オーストリア帝国とプロイセン王国などの対立もあり平和的には進まず、結局戦争を経ての統一となったのです。とはいえそれまでプロイセン、バイエルン、ザクセンなど、それぞれが小国家的に独自の歴史を刻んでいたため、すぐにはまとまりません。「ドイツ帝国」「ドイツ民族」は大言壮語な話でしかなく、統一ドイツという入れ物はできたがコンテンツがない、という状態だったのです。ではプロイセンやバイエルンといった小国家的枠を超えて、人々に訴えられるコンテンツは何か。それが「ドイツ語」であり、「音楽」でした。

この頃、ドイツ音楽界に君臨していたワーグナーは、結果的にその壮大なスケールの楽劇で「ドイツとは」「ドイツ人とは」という大言壮語な世界に一つのかたちを示すことになります。それに対し、「小さな物語でいいじゃないか」と背を向けて生まれたのがメルヒェン・オペラだったのです。しかし背を向けつつも、メルヒェン・オペラは結果的に、大言壮語な世界を補完する関係にもあったのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル