top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

管理栄養士が教える!麦茶ダイエットのやり方や注意点

macaroni

麦茶を飲むだけで痩せるわけではない

麦茶は100gあたり1kcalと低カロリーで、ダイエット中でも安心して飲むことができます。しかし、麦茶を飲むだけで体重が減るというわけではありません。麦茶ダイエットをおこなう際は、食事や間食の摂取カロリーを調整したうえで、規則正しい食生活を心がけましょう。

また、こまめに運動するのも大切です。消費カロリー量を増やすことで、ダイエットの成功につながりますよ。(※1,2)

麦茶ダイエットの効果

むくみ対策

むくみの原因のひとつは塩分(ナトリウム)の摂り過ぎです。麦茶には、ナトリウムを体外に排出する作用がある「カリウム」が含まれているため、むくみ対策に役立ちます。

身体がむくむと、2kg程度の体重増加につながるおそれが。ダイエットの妨げにならないよう、麦茶をはじめとするカリウムが豊富な食品を摂りましょう。(※1,3,4)

夏の「むくみ」はアレが原因?管理栄養士がむくみ解消に役立つ食べ物やレシピを紹介

便秘対策

ダイエット中の便秘の原因はさまざまですが、水分不足により便が固くなることがあります。そのため、麦茶を飲んで水分をしっかり摂ると、便秘対策に役立ちますよ。

また、麦茶には、利尿作用がある「カフェイン」が含まれていません。カフェインが豊富なコーヒーや緑茶などよりも、効率よく水分摂取できます。(※5,6,7)

広告の後にも続きます

【管理栄養士執筆】カフェインの多い飲み物や食べ物と一日摂取量を解説

抗酸化作用

麦茶には、ゲンチジン酸をはじめとする「ポリフェノール」が含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、老化の原因となる「活性酸素」から身体を守ってくれます。

活性酸素により、細胞が傷つけられると皮膚のシミやシワにつながるおそれが。ダイエット中に抗酸化物質が不足しないよう、麦茶で補いましょう。(※8,9)

コレステロール値を下げる

血中のコレステロール値や、中性脂肪値を抑える作用のあるギャバ(γ-アミノ酪酸)。すべての麦茶に含まれているわけではありませんが、ギャバを用いて機能性の高い麦茶を作る研究が進められています。

コレステロール値が気になる方は、ギャバ入りの麦茶を選ぶことをおすすめします。(※7,10)

麦茶ダイエットのやり方

一般的なやり方

麦茶ダイエットの一般的なやり方はシンプルで、水分補給に麦茶を摂り入れるだけです。麦茶を飲むタイミング・量に決まりはありません。朝起きたときや、日中喉が渇いたときにこまめに飲むだけなので、続けやすいですよ。

市販のペットボトル飲料でも、水出しで作る麦茶でも同様におこないます。続けやすいほうを選んでくださいね。

おすすめのやり方

麦茶ダイエットをおこなう際は、麦茶を外出先に持ち歩きましょう。喉が渇いたときに、つい缶ジュースや甘いコーヒーを買ってしまう……という方は、意外と飲み物から多くのカロリーを摂取している可能性が。カロリーが低い麦茶に置き換えることで、ダイエットにつながります。

また、食事の途中に麦茶をゆっくり飲むのもおすすめです。食べるペースが抑えられるので、食べ過ぎ対策になります。

なお、麦茶を飲む量の目安は、一日あたり1.2~1.5L。この量で、身体から失われる水分量を補えます。運動をしたり、汗をかいたりした場合は、飲む量を調整してください。(※1,11,12)

麦茶ダイエットの注意点

食事を抜いて麦茶だけにしない

摂取カロリーを抑えたいからといって、麦茶だけで食事を済ませるのは避けてください。極端な食事制限をおこなうと、リバウンドしやすくなるほか、身体に必要な栄養素が不足して体調不良につながります。

たとえば、麦茶には、身体を動かすエネルギー減となる「糖質」がほとんど含まれていません。糖質が不足すると集中力が低下したり、疲れを感じやすくなったりするおそれがあります。(※1,2,13)

冷たいものを飲みすぎない

冷たい麦茶を飲みすぎると、身体が冷えるため注意が必要です。また、胃腸や肌の調子が悪くなるおそれがあります。

麦茶ダイエットをおこなう際は、ホットもしくは常温の麦茶を選んで飲むようにしましょう。冷え対策になるのはもちろん、身体が温まることにより基礎代謝アップが期待できますよ。(※12,14)

麦茶ダイエットの効果はいつからでるか

麦茶による水分補給で、飲み物からの摂取カロリー量を抑えることにつながりますが、麦茶ダイエットに即効性はありません。無理のない方法で3ヶ月以上は継続しましょう。

脂肪を1kg減らすには、7,200kcalのエネルギーを消費する必要があります。麦茶だけに頼らず、規則正しい食生活を意識したり、積極的に運動したりすることがダイエットの近道です。なお、麦茶ダイエットにより体調に異変があった場合は、すぐに中止してください。(※15)

麦茶ダイエットをはじめてみよう!

低カロリーな飲み物である麦茶は、ダイエット中に安心して摂り入れることができます。ジュースのように甘いものをよく飲む方は、麦茶に置き換えるだけでカロリーオフにつながりますよ。また、麦茶にはむくみ対策に役立つカリウムや、抗酸化作用があるポリフェノールが含まれているのもうれしいポイントです。

ただし、麦茶だけで食事を済ませるといった極端な方法は避けましょう。規則正しい食生活を大切にしてくださいね。
【参考文献】
※1 新食品ビジュアル成分表 新訂第二版|大修館書店

※2 ダイエット|e-ヘルスネット(厚生労働省)

  • 1
  • 2

TOPICS