top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「車上荒らし」や「イタズラ」された損害は?保険は使える?

イキクル

皆さんの中には、過去に車上荒らしやイタズラなどにあわれてしまった方もいるのではないでしょうか?そういう事態になった時には、頭の中が真っ白になってしまうのも仕方ないことですよね。

ここでは、車上荒らしやイタズラにあってしまった際に、その損害はどのようにしたらよいかや、補償されるのかなどを説明していきます。

■車上荒らしやイタズラの損害は、何かで補償されるのか?

 

引用:https://www.ac-illust.com/main/search_result.php?word=%E8%BB%8A%E4%B8%8A%E8%8D%92%E3%82%89%E3%81%97

実際に被害を警察に届けて、犯人が運よく見つかったとしても、その被害額を犯人が賠償してくれる可能性は低いといえます。そこで皆さんが最初に思いつくのが、自動車保険の車両保険になるのではないでしょうか?

車両保険に加入していて補償の対象になるもの

広告の後にも続きます

一般的な車両保険で補償されるものは、車のパーツ=車両を構成するパーツとしてみなされるものかどうかになります。例えば、バンパーやサイドミラーなどが盗まれた場合や、車内のカーナビ(インストールされているもの)、車に装着されているホイール&タイヤなどが補償の対象になります。

また車にイタズラされて、ドアやそのほかのパーツに傷をつけられてしまったという場合も車両保険の対象になります。こういった場合は、一般タイプ・限定タイプどちらの車両保険の場合も補償の対象です。

車両保険に加入していても補償されないもの

一般的な車両保険では、補償されないものもあります。これは、補償されるものの定義と逆のお話になります。車の一部とみなされない車載物は、補償対象外となっています。

例えば、カーナビであるがポータブルの場合、車から外されているタイヤやホイールの場合、車の中に置いておいたノートパソコンや財布、スマホなどの場合は補償対象外となります。またタイヤのみをイタズラされて、パンクしてしまった場合は、車両保険では補償されない保険会社が多いです。これは、タイヤは消耗品という扱いだからです。

一般的な車両保険では、対象にならない車載物も「車内身の回り補償特約」・「特約:身の回り品補償」などをセットできる保険会社もあります。ただ保険会社によって保障の範囲が違うことがあるので、一度確認することが良いでしょう。

■車上荒らしやイタズラにあってしまった場合は?

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル