top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【充電23回1,800km走行】日産 リーフ NISMO 超長距離試乗してみて思ったこと|EVお遍路Vol.1

MOBY

文・撮影:宇野 智

2021年の年明け、管首相が「2035年までにすべての新車販売を電動車に」と表明し、自動車業界内外に大きな波紋を広げました。さまざまな論議が巻き起こり、さまざまな問題が山積みされていく今日このごろ。そこで筆者は、ある思いを胸にEVで超長距離を走り、現況はどうなっているのか、問題は何かのかを自分の目で見て、自身の身体で感じることにしました。

第1弾は、日産 リーフ NISMO

超長距離をEVで走りたい理由は、さまざまな道路状況を体験し、充電スポットの現況を自分で確かめてみたかったから。

EVで高速道路を1日数百キロ走るとどうなのか?だけではなく、一般道ではどうなのか?はたまた、一般道といっても、都市部、郊外、農村、山間部それぞれ状況は異なります。

これらをすべて、丸っと体験すべく選んだ目的は四国。四国といえばお遍路です。4つの国がありますから、1国1車種で。第1弾は、世界初の量産EV「日産 リーフ」のスポーツバージョン「NISMO」を選びました。

広告の後にも続きます

四国遍路のドライブはどんなものだったのかは、テキストでつらつらと書くには冗長過ぎるので、動画にまとめました。上に掲載したYouTubeでご確認ください。寺ごとに、もくじをYouTube概要欄に付けていますので、これから四国遍路にクルマで行こうとされている方なら、予習になるかと思います。

リーフ NISMOは標準モデルと何が違うのか?

日産 リーフ NISMO フロント
フロントバンパーはNISMO専用設計。空力性能を向上させている。

リーフの標準モデルはバッテリー容量とモーターのパワーが異なる2つグレードがあり、このうちハイパワー・大容量バッテリー仕様に「e+」の名称が与えられています。なお、NISMOは、標準グレードのパワートレインが使用されています。スペックを比較すると次のとおりです。

標準グレード
NISMO
e+
最高出力150PS218PS
最大トルク320N・m340N・m
バッテリー容量40kWh62kWh

NISMOは、ハイパワーな「e+」もモーターではなく、標準グレードのモーターというのミソ。電子制御がエンジンより緻密にかつダイナミックにできるモーターの特性を活かし、NISMOは、アクセルの踏み込み量に対する加速度、パワーの出方が標準グレードよりマシマシになっています。また、ドライブモードもダイナミックな設定に変更されています。

このため、同じモーター出力でも電費は以下のように変わります。

航続距離(WLTCモード)
標準モデル322km
e+458km
NISMO281km

リーフは、エンジン車のATギアシフトと同様に、「D」レンジと「B」レンジがあります。Bレンジは、回生ブレーキ(減速時、モーターを発電機としてタイヤの回転力を電力に変換、機械式ブレーキをかけなくてもエンジン車のブレーキ並みに制動がかかる)が強力になると同時に、アクセルに対するパワーの出方がDレンジより大きくなり速く走ることができます。また、ギアシフトのほかに「ECOモード」ボタンを搭載し、これがONのときはDとBどちらのレンジでも、パワーの出方がおとなしくなります。

このBレンジを、標準グレードとNISMOは大きく設定を変えており、標準グレードのBレンジでECOモードONのときより、NISMOのDレンジのほうがパワーの出方が上となるの設定です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル