top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

食べ歩きしたい「絶旨コロッケ」!京都コロッケめぐり5選!

ガジェット通信

どうもライターの丸野裕行です。

観光や街歩きなどで小腹が空いたときに大助かりするのが、「街のコロッケ屋」さんですよね。ホクホクになるまで蒸したジャガイモとしんなりするまで炒めたタマネギ、そしてそのお店こだわりのミンチ肉。このミンチ肉ひとつとっても豚肉と牛肉の割合の違いなど、お店の個性が出るものなんですよね。

お店のおばちゃんに注文して、その場で揚げてもらい、紙の小袋に入れてもらって、そのまま頬張る。カリ! サクッという香ばしくなった衣の中から顔をのぞかせるそのお店独自のタネ! 個人的にはお肉が多めのコロッケが好きです!

そこで今回は、京都の街ブラに欠かせない京都市内のコロッケの名店をご紹介したいと思います!

今回おいしいお店を紹介してくれたのは、常々お世話になっている京都在住のグルメライターさん。イチオシのコロッケは一体どこなのか!

広告の後にも続きます

実際に筆者が試食した京都市内のコロッケ店の数々、食べてみた感想を画像と共にお伝えします。では、どうぞ!

上京区河原町今出川 『出町 岡田商会』

場所は、よくテレビでも取り上げられる行列が絶えることがない和菓子店《出町ふたば》すぐ近くにある精肉店『出町 岡田商会』。コロッケだけではなく、とんかつやハムカツなどのフライもののテイクアウトが大人気のお店です。

激安価格の1個60円というプライスもうれしいコロッケはというと、精肉店らしくラードでサクッと揚げたクリスピー食感の強い歯ざわり。しっかりと、じゃがいもの甘みが感じられる昭和ノスタルジーなシンプルコロッケです。

揚げ置きされたコロッケとは、まさに別物の旨さですね。熱々なので、上あごの皮がはがれてきますが、ジャガイモの奥に隠れし、肉の旨味がよく出ているんです。この満足感で60円というのは、かなりありがたいです!

店名:『出町 岡田商会』
住所:京都市上京区河原町今出川上ル青竜町239
TEL:075-221-3771
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日

右京区嵯峨天龍寺 『中村屋 総本店』

京都の観光地といえば、やはり嵐山。嵐電やJR嵯峨野山陰線の駅から、渡月橋や数ある寺院を巡りながら、しっぽり大人の嵐山散策するのって情緒がありますよね。しかし、小腹が……。そんなときに食べたい有名店があります。それが『中村屋 総本店』。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル