top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アウトドアだけじゃない!専門家が伝授 災害時のテント活用法

防災ニッポン

災害が発生して電気もガスも水道も止まってしまい、冷暖房も動かない、助けもこない。そんなピンチに陥ったときに、テントを使えば自分なりに過ごせる「自分スタイル」が可能です。住まいを背負ってどこにでも移動でき、平時も災害時も工夫次第で楽しく快適に過ごせ、災害時にも日常らしさを継続する。テントでそんな「ヤドカリライフ」を考えてみませんか?

なぜテントなの?それは避難所が過酷な環境だから

一般的に、避難所の1人当たりの面積は1.5~2㎡。畳一枚程度のスペースしかありません。冷暖房も期待できない狭い環境で、知らない人と同じ空間で寝泊まりするわけです。避難所生活にはそれなりの準備と覚悟が必要です。

さらにコロナウイルス感染防止の面から密を避ける必要まである昨今、災害時の「住」を担う避難所の環境はさらに難しくなっています。

写真説明:東京・荒川が氾濫した場合の避難所イメージ。1人あたり約1.5㎡

災害時にテントはどう利用できる?

一方で、災害時のテント利用にはさまざまなメリットがあります。具体的に挙げてみましょう。

1)避難所内での簡易個室として

広告の後にも続きます

知らない人との共同生活が大原則となる避難所で、プライベートな空間を確保することは非常に大切です。着替え、洗濯物干しをはじめ、おむつ交換、授乳にも便利です。横になりたいときやくつろぎたいときなど、使い方はアイデア次第です。
コロナ禍の避難では、テント利用により感染リスクを下げることも期待できます。

またテントの設置場所は体育館内でなくても、廊下、玄関、軒先なども使えます(実際の天候や環境に応じて、安全第一で判断してください)。

2)屋外での避難場所として

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル