top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

セーラー万年筆が本店を呉市に移設、新工場建設も

広島ニュース 食べタインジャー

広島生まれの老舗企業、セーラー万年筆株式会社が2021年に創業110周年を迎えるにあたり
「本店」を現在の東京都墨田区から広島県呉市に移転、さらに「広島工場の建替え」に着工することを発表しています。(本社組織は東京都港区へ)


リニューアルしたロゴと新工場完成予想図

セーラー万年筆(株)は1911年呉市で創業。

1952年に本店を東京に移転したが、“今一度創業の地に還り、会社の隆盛を図りたい” として移転を決定。

2021年に創業110周年を迎えるにあたり、CI(コーポレート・アイデンティティ)とロゴマークを新たにし公式サイトもリニューアルしています。

広告の後にも続きます

さらに2022年7月の竣工予定で、呉市天応西条2-1-63にある広島工場敷地内に2階建ての新工場を建設する。(着工予定は2021年11月)

現在の文具事業部広島工場の工場棟は竣工から70年以上経過した建物もあり老朽化。

さらに2018年の西日本豪雨時に広範囲にわたり浸水し操業が3週間停止しました。こういった状況から、

・自然災害に対する防災
・従業員の働く環境の改善
・生産性の向上
・研究開発の強化

これらを目的とし、敷地内に分散している17棟のうち12棟を集約した新たな工場棟を建設。

ものづくりの拠点を、「本店」とすることでセーラー万年筆の創業の精神に立ち返り、そこで培われた歴史をもとにした「ものづくりの思想」によって新たな未来に挑戦する と発表しています。

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル