top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ワタナベマホトが釈放された理由は?【弁護士が解説】

yutura

2021年4月2日、「ワタナベマホト」が警視庁湾岸署から釈放されました。この処分に関して疑問を感じている視聴者も多いようです。
(関連記事「ワタナベマホトが釈放される」)

この件について「SNS弁護士キタガワ」こと、弁護士の北川貴啓氏に取材しました。

釈放までの経緯

―今回の釈放について北川先生はどのように考えているのですか。

私も今回の処分については驚きました、これまで聞いていた一部報道の情報から考慮すれば、起訴される可能性も十分にあると思っていましたので。
ですので、あくまで私の推測になってしまいますが、今回の釈放処分の理由について解説してみたいと思います。

釈放までの流れを整理すると、次のようになると思います。

広告の後にも続きます

3月8日に検察官送致がされた場合、裁判所は(検察官の請求により)最大で20日間の勾留(身体拘束)が可能となります。

すなわち、勾留期限は4月6日までだった可能性がきわめて高く、検察官はその日までに被疑者を起訴するのか、釈放するのか等を判断すれば十分だったわけです。

ところが、4月2日時点で釈放(=これ以上は勾留する必要がない)と裁判所が判断したことになります。
これはおそらく、担当弁護人の尽力が大きいのではないかと考えています。

被害者との示談が成立した?

私が真っ先に思い付いたのは「被害者との示談が成立した可能性があるのではないか?」という点です。

  • 1
  • 2

TOPICS