top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

家で中華|春のしいたけドリーム!自宅のきのこ山で中華三昧

80C[ハオチー]

炒めもの、煮もの、天ぷらをはじめ揚げものなど、幅広く活用できるしいたけ。自然環境下で原木栽培の場合、収穫の時期は春と秋の2回。つまり今がしいたけの旬だ。

そこで今こそ“やりどき”なのが、家でしいたけを育てることだ。SNSなどで見たことのある方も多いと思うが、森産業の「しいたけ農園」ですぐできる。そう言われてもリアリティがないかもしれないが、成功者のしいたけ農園(冒頭の写真)を見たら、心が動く人もいるのではないだろうか。

ちなみに現在スーパーに出回っているしいたけは、ほとんどが菌床栽培である。それにより通年の栽培と収穫を可能にしているわけだが、家でやる場合はしいたけ栽培のための空調管理が難しいため、実際の旬に近い環境の方が育てやすい。つまり、今だ。

原木栽培のしいたけ。こちらはハードルが高い。(photo by shutterstock)

私が栽培したのは2020年の4月。前述の通り、今の気候はしいたけの旬でもあるので、非常に生育状態がよかったしかも菌床は、除菌ティッシュの筒ほどの大きさで、狭い家でもまったく問題ない。

今春、新しいことを始めたいけれど何も思いつかない。身近に育つものがほしい。そんな方は、短期間で達成感が味わえるしいたけ栽培をしてみてはいかがだろう。10日もすれば、穫れたての瑞々しいしいたけがあなたを待っている。

今日からしいたけ農園主!インテリアと実益を兼ねたしいたけ山を手に入れよう

広告の後にも続きます

「しいたけ農園」の外箱の記述によると、栽培可能時期は栽培温度が10℃~20℃を確保できる時期。6月~9月の高温時期の栽培は温度管理が重要になるため、やはり今がやりどきだ(しつこい)。

「しいたけ農園」の栽培説明書。夏~初秋限定のきくらげをはじめ、季節限定キットもある。

栽培方法はこの上なく簡単。最初に栽培ブロック全体を水で濡らし、表面が乾かないよう、1日1度霧吹きで湿らせるだけでしいたけが育つ。以下、ダイジェストでしいたけ栽培日記をご紹介する。

<1日目>ずぶ濡れにする

栽培ブロック全体を水で濡らして湿らせることが、このしいたけ栽培で一番労力がいるところである。あとは毎日霧吹きを吹くだけだ。

<2日目>変化なくじらされる

栽培ブロックの周りを湿らすようにして放置。すぐには顔を出さず、じらしてくれる。

写真は栽培容器(写真の透明のもの)がセットになったもの。容器が不要の場合は栽培袋付きのものがあり、そっちの方が安い。

<3日目>目玉のおやじになる

植え付けられていたしいたけ菌が膨んできた。目玉がたくさんあるようで気持ち悪いが、ずっと見ているとポップコーンのようにも見えてくる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル