top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Netflixアニメ「極主夫道」マンガのような“動かない”演出の苦労とは? 今千秋監督が明かす

アニメ!アニメ!

Netflixアニメ「極主夫道」マンガのような“動かない”演出の苦労とは? 今千秋監督が明かす

Netflixオリジナルアニメシリーズ『極主夫道』が、4月8日から全世界独占配信される。本作は原作愛に溢れる制作陣の想いから、まるでマンガを読んでいるような感覚が味わえる、あえて“動かない”演出がなされているのが特徴だ。
一見すると楽な手法のように思いがちだが、本作の監督でTVアニメ『のだめカンタービレ』や劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』など数々の話題作を手掛けてきた今千秋は、「普通に作画で動かした方が楽だわ~って思いました!」と苦労したことを明かしている。


『極主夫道』は、『Back Street Girls -ゴクドルズ-』などでもタッグを組んだ、今監督とJ.C.STAFFの松倉友二プロデューサーのチームで贈るギャグコメディだ。
その経緯について、今監督は「長年作品作りでご一緒している<悪友>とも呼ぶべきプロデューサーからの強い要望があり、漫画のようなアニメを作ることになりました」と語る。

だが、その制作にあたっては「例えば、スーパーで缶詰を『ガン!』ってやって缶がガラガラガラ……と落ちる芝居にスライドの指示を入れるのですが、作業していて『キィー!』ってなりました(笑)普段はしなくてもいい苦労が沢山ありました」とのこと。“漫画のようなアニメ”を作るために、ひと味もふた味も違うアプローチがあったようだ。



しかし、そんな苦労があったからこそ、完成したアニメ版は原作マンガに忠実なユニークな作品となった。
原作者のおおのこうすけも「絵が動かないという手法で制作すると聞いた時、最初は少し驚きましたが、実際出来上がった作品を見ると、作品のテンポ感にとてもマッチした手法だと感じましたし、いろんな演出が盛り込まれており、ギャグのスピード感も損なっていないと感じました」と太鼓判を押している。

本作の主人公・龍はかつて“不死身の龍”と恐れられた元極道で、現在は主夫の道を極める専業主夫である。
龍は朝から晩まで忙しく働く妻・美久のために手作り弁当を用意してSNSにアップし、裁縫や炊事、洗濯、掃除など毎日の家事も完璧にこなす。さらに町内会の付き合いも欠かさずに行うなど、元極道らしい言動とは裏腹にユーモアあふれるアットホームな日常を過ごしていく。



極道から足を洗い最強の専業主夫の道を極める龍をはじめ、個性的なキャラクターが繰り広げる日常にクスッと笑ってしまう『極主夫道』だが、あえて“動かない”演出がなされたアニメははたしてどんな仕上がりになったのだろうか。
Netflixオリジナルアニメシリーズ『極主夫道』は、4月8日より全世界独占配信がスタートする。

Netflix オリジナルアニメシリーズ『極主夫道』

4月8日(木)より全世界独占配信
原作:おおのこうすけ/監督:今千秋/シリーズ構成:山川進/アニメーション制作:J.C.STAFF
キャスト:龍 津田健次郎/美久 伊藤静/雅 興津和幸
主題歌:打首獄門同好会 / OP 曲「シュフノミチ」、ED 曲「極・夫婦街道」
(C)おおのこうすけ/新潮社

TOPICS

ランキング

ジャンル