top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ポケモン「サワムラー」のモデルにも…亡くなった沢村忠さんが語っていた“第二の人生”哲学

SmartFLASH

本誌2002年7月9・16日合併号に、歌手デビューした娘・玲子さんと出演した沢村さん

 

 3月26日に「キックの鬼」の異名を持つ伝説のキックボクサー・沢村忠さんが、千葉県内の病院で亡くなっていたことが明らかになった(享年78)。判明したのは3月31日、死因は肺がんだった。

 

 沢村さんはシナリオライターを目指し、日大芸術学部映画科に入学。剛柔流空手部に所属し、60戦無敗を誇った。1966年、キックボクシングに転向し、必殺技「真空飛び膝蹴り」で国民的スターへの階段を駆け上がった。

広告の後にも続きます

 

 

 1977年に引退するまでの通算戦績は、241戦232勝(228KO)5敗4分。その驚異的な強さは讃えられ続け、世界的人気ゲームとなった『ポケットモンスター』の第一作から登場する、格闘キャラクター「サワムラー」のモデルとされていた。

 

 引退時の沢村さんは34歳という若さだったが、過去の栄光にすがりつくことなく、キックボクシング界から完全に身を引いた。マスコミの前から姿を消した「キックの鬼」には、“ヤクザの用心棒になった” など、さまざまな憶測が乱れ飛んだ。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル