top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

麒麟・川島明MC『ラヴィット!』視聴率低迷の原因は、“吉本偏重”のレギュラー陣!

SmartFLASH

 

 改編をしても、TBSの午前帯の視聴率が振るわない。『グッとラック!』に代わって、3月29日から始まった『ラヴィット!』の世帯視聴率は初回2.7%、2回め2.1%(ともにビデオリサーチ調べ・関東地区。以下同)だった。テレビ局関係者が話す。

 

「『ラヴィット!』は、近年の『いっぷく!』『グッとラック!』などと違い、生活情報を中心に取り上げます。ライバルは、NHK『あさイチ』になるでしょう。

 

広告の後にも続きます

 

 その『あさイチ』には、新キャスターとして鈴木奈穂子アナが加入しました。初回である3月30日に、9.6%を記録していますから、『ラヴィット!』とは気が遠くなるような差があります」

 

 基本的にニュースを扱わない路線の『ラヴィット!』は、かつてのTBS午前帯の人気番組『はなまるマーケット』を彷彿とさせる。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル