top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フェラーリ初電動車「SF90スパイダー」日本上陸!乗った人の話も聞けたプレス発表会レポ

MOBY

撮影・文:宇野 智

2020年11月にイタリア・マラネッロからオンラインで世界初披露された、フェラーリ史上初となる、電動スーパーカー「SF90 Spider(SFナインティ・スパイダー)」が、ついに2021年4月2日に日本上陸しました。

プレス取材会レポート動画

本日の発表に先立ち、事前に開催されたプレス発表会(コロナ渦であることを考慮し、少人数に分けて複数回開催された)で、SF90スパイダーを隅々まで撮影、さらにプレスキットの画像をすべて動画にまとめました。

プレゼンテーションは英語ですが、スライドは日本語ですので、英語がわからなくても見ていただければ、SF90スパイダーの特徴をわかりやすく知ることができます。動画の下に、プレゼン各項へのリンクを貼りましたので、あわせてご覧ください。

▼動画のもくじ
0:00​ プレス発表会展示車両撮影
2:13​ プレスキット全画像
4:37​ プレゼン
10:46​ 歴代スーパーカー
11:50​ 新スポーツカーの関係
13:30​ リトラクタブル・ハードトップ
15:13​ 主な性能値
16:11​ V8エンジン
17:21​ プラグイン・ハイブリッド
18:28​ RAC-E:電動フロントアクスル
20:22​ ステアリングホイール・メータークラスター 21:47​ Eマネッティーノ(ドライブモード)
24:15​ アセット・フィオラノ

ライバルの追随を許さない驚愕のスペック

フェラーリ SF90スパイダー

広告の後にも続きます

プレスキットとして配布された資料には、「SF90 Spider のプラグイン・ハイブリッド・システムは、どんな量産スパイダーモデルも並ぶことができない水準のパフォーマンスを保証します」と書かれていました。「保証します」と明言するのは珍しいこと。その驚愕のスペックを以下に列記します。

  • システム総合最高出力:1,000馬力
  • 0-100km/h加速:2.5秒
  • 0-200km/h加速:7.0秒
  • 最高速度:340km/h

SF90スパイダーは、最高出力780馬力を発生するV8ターボエンジンに、リアに1基、フロントに2基、合計3基の電気モーターで補強、四輪を駆動します。リアモーターは、フェラーリのF1マシンで開発され、そこから名付けられた「MGUK(モーター・ジェネレーター・ユニット・キネティック)」を搭載し、クラストップのパフォーマンスを発揮しています。

プレス発表会でのプレゼン

フェラーリ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 フェデリコ・パストレッリ氏
フェラーリ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 フェデリコ・パストレッリ氏

SF90スパイダーをプレゼンした、フェラーリ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 フェデリコ・パストレッリ氏は、

「SF90 Spiderは、スーパーカーの概念を根本的に書き換える存在であり、フェラーリが誇るテクノロジーの頂点を極めたパフォーマンスを求めると同時に、ルーフを開けて走る喜びも味わいたいと望むオーナーにとって理想的なモデル」

と語りました。

フェラーリ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 フェデリコ・パストレッリ氏のプレゼン

また、パストレッリ氏は、フェラーリの歴代スーパーカーを引き合いに出し、SF90スパイダーのパフォーマンスの高さを解説。SF90スパイダーはフェラーリの歴史の新たな1ページを飾る1台となりました。

SF90スパイダーに乗った人の話し

フェラーリ SF90スパイダー インパネ
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル