top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中田敦彦が“顔出し”を封印 「武道館に行くために今、顔出しを引退する」

yutura

2021年3月31日、「中田敦彦」(登録者数375万人)が、相方「藤森慎吾」(同68万人)のチャンネルに出演し、“最後の顔出し”をしました。

3月で顔出し引退を発表

今年3月、中田は「【重大発表】中田敦彦、顔出し引退【2021年4月から】」を投稿し、

2021年4月から中田敦彦、顔出しを引退します

と電撃発表。

広告の後にも続きます

2021年3月31日をもって、YouTubeを始めとするメディアで「素顔」での出演を辞めると宣言しました。
ただし、芸能活動を引退するわけではなく、今後は「アバター」を用いると表明しました。

中田は動画で、この決断に至った3つの理由を話しています。
1つ目は、活動の中心をYouTubeに移したことによって、自分のやりたいように出来る点。
2つ目は、自身のコンテンツがビジュアルに左右されないという点。「YouTube大学」は授業形式であり、顔ではなく話している内容に価値があるとしています。
3つ目は、プライバシーの問題。SNSが発達した今、顔を晒し、名前を出して発信することはリスクになるとのこと。

あわせて中田は、「今後顔出しするのはオンライサロンのみ」とも発表。
中田の顔を見たい人だけが有料のオンラインサロンに入会することで、アンチを遠ざけるとともに、中田の顔出しの価値を上がる戦略だと考えられます。

最後の顔出しは、相方のYouTubeチャンネル

3月31日、中田と藤森は互いのチャンネルで、トーク動画を投稿。
中田は、これで最後の「顔出し」となります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル