top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

無断アップロードが原因で、ラジオ公式チャンネルが“違法”扱いに 番組は困惑あらわ

yutura

ラジオ番組「おはよう寺ちゃん」が新たにYouTubeチャンネルを開設するも、配信開始の翌日にチャンネル活動を停止させられていたことが発覚。
原因となったのは、番組を違法アップロードしているYouTubeチャンネルからの“著作権侵害”の申し立てでした。

番組改編に合わせてチャンネル開設

「おはよう寺ちゃん」は、寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務める朝のラジオ番組。
文化放送にて2013年4月から放送されており、今年4月の番組改編ではこれまで2時間だった放送枠を朝5時~9時の4時間に拡大、新たに公式YouTubeチャンネル「【公式】文化放送 おはよう寺ちゃん」(登録者数4900人)での配信もスタートさせるなどのリニューアルも実施していました。

広告の後にも続きます

ところが配信開始の翌日、番組のアーカイブを公式チャンネルにアップロードするも、動画がYouTubeによって削除されるトラブルが発生。
削除の原因について番組は、ツイートで「番組を違法でアップロードしているチャンネルからなぜか著作権侵害の警告を受け」たことが原因だと説明しています。

番組名騙る違法チャンネルが複数存在

このツイートの中で「なぜ公式が訴えられるのでしょうか…笑」と、異例の事態に困惑をあらわにした番組。
ほかのツイートでは「#ストップラジオ泥棒」というハッシュタグも使いつつ、番組の違法アップロードへの抗議もおこなっています。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル