top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ダイエー・城島健司、打ちまくる(2004年6月25日)

週刊ベースボールONLINE


この日はバーンから2本塁打




 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は6月25日だ。

 歴代の“打てるキャッチャー”と言えば、野村克也(南海ほか)、田淵幸一(阪神ほか)、古田敦也(ヤクルト)、阿部慎之助(巨人)らの名前が浮かぶと思うが、その1人がダイエー・ソフトバンク、阪神、さらに日本人捕手として初めてメジャー出場も果たした城島健司だ。

 城島のキャリアハイの本塁打(36)、打率(.338)はダイエー時代の2004年だ。6月25日は、城島が近鉄戦(大阪ドーム)でバーンから24、25号を放ち、打点を68とした日だ。

 2つともにこの時点では両リーグ最多だ。試合は和田毅が完投し、ダイエーが8対2で完勝。城島は3安打3打点だった。

 このときは間近に迫ったアテネ五輪に注目が集まり(実際には再編問題の真っただ中だったが……)、試合後も代表となる城島への質問も五輪がらみが多かったが、

「一番いい色のメダルを取りたい。それが使命です」

 ときっぱり。

 結果的にアテネ五輪は銅メダルに終わったが、帰国の成田空港からすぐ西武ドームに向かい、チームに合流し、代打出場したことでも話題となった。

 同年の城島の出場は116試合。離脱の時期がなく140試合に出ていれば、果たして、どのくらいの成績を残していたのだろうか。


写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル