top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

4月に気をつけたい防災キーワード「爆弾低気圧」!

防災ニッポン


春本番の4月。気温が暖かくなり、外で過ごすと気持ちがいい季節がやってきます。
新型コロナウイルス対策で密を避けながらも、外出する機会も増えるのではないでしょうか。

そんな4月に気をつけたい防災キーワードはこちら!

この時期は、冷たい冬の空気と暖かい春の空気がぶつかるため、発達した低気圧が発生しやすい季節です。この発達した低気圧は「爆弾低気圧」と呼ばれ、台風と同程度の暴風をもたらすことがあります。春の荒れた天気を表す「メイストーム」や「春の嵐」なども、爆弾低気圧によるものです。そこで、この記事では爆弾低気圧の特徴や対策について紹介します。

よく聞く「爆弾低気圧」って?

爆弾低気圧とは、「中心気圧が24時間でおよそ24hPa以上低下する低気圧」のことです(注)。
なお、気象庁では、「爆弾」という言葉がふさわしくないという理由から「急速に発達する低気圧」などと言い換えるように推奨しています。ただし、メディアや天気予報では、インパクトがあってイメージしやすいことから一般的に使用されています。

(注)正確には「中心気圧が24時間で24hPa×sin(φ)/sin(60°)以上低下する低気圧」を爆弾低気圧と言う。たとえば、緯度が30°なら24時間で13.9hPaの気圧低下、緯度が35°なら24時間で15.9hPa低下する低気圧が爆弾低気圧と定義される。
編集部注)読売新聞では「猛烈低気圧」と記載しています。

なぜ4月に「爆弾低気圧」が発生する?

広告の後にも続きます

低気圧は1年を通して発生しますが、4月に爆弾低気圧が多いのはなぜでしょうか?

低気圧のエネルギー源は、簡単に言うと「暖かい空気」と「冷たい空気」の温度差です。
暖かい空気は南風をもたらし、冷たい空気は北風をもたらします。この温度差が大きいと、温度の差を縮めようとして南風・北風はさらに強まります。そして、行き場を失った2つの風は低気圧の渦となってぐるぐる回ります。
このように、温度差が大きいと渦巻きが強くなって低気圧も発達するわけです。

4月は、冷たい冬の空気と暖かい春の空気が日本付近に同居しています。4月になっても雪が降るくらい寒い日もあれば、半そででも汗ばむほどの夏日になることもありますよね。
春先は、他の季節に比べて気温差が大きく、強い北風・南風が吹きやすいことから、爆弾低気圧のような急速に発達する低気圧が多くなります。

「爆弾低気圧」に備えて気を付けたいこと

爆弾低気圧の影響で発生する恐れのある災害は、主に以下の2つです。

①暴風(暴風雪)
②高波

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル