top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なんとも”映える”アメリカ西海岸流の寿司

ガジェット通信

ある国の食文化を外国で普及させるには、“現地化(ローカライズ)”が必要不可欠となるケースがよくあるものです。

ハンバーガーというアメリカの食文化も、日本で現地化するとテリヤキバーガーが誕生したりします。逆に外国のレストランで提供される現地化された寿司やラーメンなどが、日本人には口にしたことがない味だったりします。

アメリカ西海岸在住の寿司クリエイターのInstagramアカウント「sushiartisan」では、アメリカ人の感性から生まれた“映える”寿司の写真が多数公開されています。

この投稿をInstagramで見る SushiArtisan(@sushiartisan)がシェアした投稿

広告の後にも続きます


https://www.instagram.com/p/CJ86_gylVdc/

マグロ、サーモン、カンパチをアボカドで巻いた刺身ロール。トッピングはトビコとイクラです。カリフォルニアロールのご飯抜きとも言えるかもしれません。

この投稿をInstagramで見る SushiArtisan(@sushiartisan)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/Byno8icFXtI/

うなぎ、カニサラダ、キュウリの漬物、キャベツ、アボカドを挟んだ寿司サンドウィッチ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル