top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【スバルのスポーツカー一覧】歴史ある名車と現行車種を紹介

MOBY

高い4WD技術が自慢のスバルのスポーツカー

スバルは4WDのノウハウに長けているメーカーです。スバルの4WDは、縦置きエンジンの縦置きミッションを採用しており、車を真上や、真正面から見ると線対象になるように部品が配置され、非常に美しい構造をしています。

飛行機のような設計思想は、中島飛行機をルーツとするスバルならではといえるでしょう。

【日産の歴代スポーツカー】往年の名車や現行車種から新型情報まで

ラリーで活躍した傑作車&名車

スバルのラリー車といえば、インプレッサが有名です。ラリー車をベースに一斉に走行するRALLY CROSSなど、最近有名になった競技にも使われています。

スバルラリーの歴史を、簡単に車種を交えながらたどっていきたいと思います。

【レオーネ】ラリー参戦初期

初代レオーネ 4WD エステートバン
レオーネ 4WD エステートバン

水平対向+ターボ+センターデフ付き4WDの組み合わせで、スポーツセダンを意識させた最初の車両といっても良いでしょう。当時のカラーリングは、555カラーの前で、STI発足前となっています。

広告の後にも続きます

当時でも、シルビア240RSや、セリカが活躍するラリーでは、性能的にも後塵を拝していましたが、スバルのラリー基盤はこのころから作られていたといっても良いでしょう。

【レガシィ】ラリー競技に本格参戦

レガシィRS
1972年のWRCに出場したレガシィRS

レオーネの後、1990年の初代レガシィRSに引き継がれます。快速ワゴンのイメージが強く、ワゴンブームの火付け役でもあるレガシィは、スバルにとって大きな存在です。

それはラリーにおいても同じで、この車両でGr.Aにスバルは本格参戦を始めます。

カラーリングが、青いボディに黄色の文字はこの頃から始まり、スバル=青の今のイメージに近づいていきます。

【スバルレガシィ総まとめ】初代から現行6代目までのスペックや中古車価格

【インプレッサ】三菱・ランエボとの激闘は見応えアリ

2000年のWRCで活躍するインプレッサ

1992年にデビューした初代インプレッサ。レオーネの後継車、そしてレガシィの下位モデルという位置付けで販売されました。

インプレッサを語る上で欠かせないのがラリー競技における三菱 ランサーとの改良合戦。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル