top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スズキの軽自動車全14車種一覧|特徴と違いをまとめ【2021年最新情報】

MOBY

新車で買えるスズキの軽自動車 全14車種

スズキは、軽・コンパクトカーの製造・販売を主力とした静岡県浜松市に拠点を置く自動車メーカーです。同時に、2020年には創立100周年を迎えたほど歴史が深い老舗企業でもあります。

マツダ、日産、三菱などの自動車メーカーが販売する軽自動車の多くはスズキからOEM供給を受けており、その技術力は他メーカーからも厚い信頼を得ています。

スズキから販売されている軽自動車は全14車種。燃費効率の良いエコカーから、乗っていて楽しい車が多く、ライフスタイルに応じて選択できるラインナップの豊富さも魅力です。

スズキの軽自動車 車両価格一覧【価格の安い順】

車名販売価格
アルトバン74~93万円
キャリイ74~225万円
アルト86~132万円
エブリイ97~153万円
ワゴンR110~154万円
ラパン121~165万円
ハスラー128~195万円
スペーシア130~186万円
ワゴンRスティングレー150~187万円
エブリイ ワゴン151~190万円
ジムニー153~194万円
アルトワークス154~171万円
スペーシアカスタム165~211万円
スペーシア ギア169~201万円

※価格は消費税を含む。千円の位で四捨五入。

価格の高い「スペーシアカスタム」「スペーシア ギア」は、スペーシアの派生モデルです。

スズキ アルト

アルト Lリミテッド ディスチャージヘッドランプ装着車
  • 新車価格:86~132万円

広告の後にも続きます

1979年に誕生したアルトは、当時「軽ボンネットバン」として大ヒットデビューを飾ります。軽ボンネットバンというのは軽自動車のスタイルの一種で、商用モデルとして開発。軽貨物車は物品税が非課税であったことに目を付けたのがスズキです。

主婦をターゲットにしたセカンドカーとして注目を集めました。アルトはイタリア語に由来し「秀でた」や「優れた」を意味しています。2014年に誕生した現行車は、8代目を数える息の長い車になっています。 

シンプルなデザインはデビュー当時を彷彿とさせ、最低限のアクセントを加えて直線的なイメージに。インテリアも同様に必要なもののみが設定され、すっきりとしたパイピングの施されたシートなど、横のラインを意識した造りは視覚的な広さも感じます。 

最大の特徴となっているのは、軽量化されたボディです。先代でも710㎏という軽さでしたが、100㎏の軽量化に成功。更なる軽快な走りを楽しむことができます。環境性能も充実しており、「スズキグリーンテクノロジー」というさまざまな次世代技術を詰め込みました。

軽には珍しい5速MTも設定されており、昔から変わらないラインナップを持つ唯一の存在といえるかもしれません。

【スズキアルト総まとめ】初代から現行8代目までのスペックや中古車価格

スズキ ハスラー

ハスラー HYBRID Xターボ
  • 新車価格:128~195万円

軽トールワゴンとSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の要素を持つ新ジャンルの軽自動車です。「遊べる軽!」としてSUVのオフロードの走破性も対応しているため、アウトドアやスポーツシーンにもってこいの一台といえるでしょう。 

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル