top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

レクサスが次世代モデルを示唆するEVコンセプト「LF-Zエレクトリファイド」を世界初公開

MOBY

レクサスが電動SUVのコンセプトカーを発表

2021年3月30日、レクサスはEVコンセプトカーの「LF-Zエレクトリファイド(LF-Z Electrified)」をオンラインで世界初公開しました。

レクサスはLF-Zエレクトリファイドについて、「2025年までに実現を見据えた走りやデザイン、先進技術を織り込んだブランドの変革を象徴するEVコンセプトカー」であると伝えています。

記事の後半で改めて触れますが、今後の新型車に関する方針も述べています。

新型レクサス NXの発表は近い?現在判明している最新情報

電動化技術によって進化した乗り味

2025年を見据えた走行性能、デザインや技術を搭載しているというLF-Zエレクトリファイド。

採用している専用のEVプラットフォームをは、バッテリーやモーターの配置を最適化することで「車両基本性能の大幅な進化」を実現しています。

広告の後にも続きます

さらに新たな四輪駆動力制御技術「DIRECT4」を搭載することで、高トルクモーターの駆動力を自在に制御。前後の駆動輪を独立して制御することで、FF、FR、AWDなど、走行シーンに応じた適切な駆動方式に切り替えることができるといいます。

また、ステアバイワイヤによってレスポンスも向上しており、上記の機構と組み合わせることで直感的な操作を可能にしています。

レクサスが「LX600」を特許庁に登録!ランクル300との関係性はいかに?

意欲的なエクステリアデザイン

低めのフロントノーズからリアにかけてのラインが滑らかに上昇する美しい造形が特徴的。モーターの力を路面に伝える大径タイヤを4隅に配置し、低重心でワイドなスタンスを実現しているとのことです。

バッテリーの車両フロア下への搭載によるフレームの高剛性化や低重心化により、路面からの微細な振動や不快なノイズを解消。

走りだけでなく、ラグジュアリーカーモデルとしての快適性も意識しています。

レクサスを象徴する「スピンドルグリル」は新たなデザインへと進化。エンブレムは立体的になり、技術の進化を表現しているとレクサスは伝えています。

トヨタ新型「アイゴXプロローグ」が世界初公開!スポーティなAセグメント

デジタルキー採用で車両連動サービスでの使用も想定

乗車時は、格納式ドアハンドルが、キーを所持した乗員が近づくと車両表面から自動的にスライドし、ハンドル内部のセンサーに触れるとドアの解錠、開扉をスムーズに行うことが出来る。
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル