【インタビュー】「S.W.A.T.」加藤和樹、吹き替え声優に初挑戦!飽くなき欲求で海外進出も視野に!?
【インタビュー】「S.W.A.T.」加藤和樹、吹き替え声優に初挑戦!飽くなき欲求で海外進出も視野に!?
凶悪事件の収拾に発動するロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊の活躍を描く「S.W.A.T.」。本作の、チーム内の信頼が厚いベテラン隊員ディーコン役で、海外ドラマの吹き替えに初挑戦するアーティスト…

 凶悪事件の収拾に発動するロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊の活躍を描く「S.W.A.T.」。本作の、チーム内の信頼が厚いベテラン隊員ディーコン役で、海外ドラマの吹き替えに初挑戦するアーティストで俳優の加藤和樹が、アフレコ時のエピソードや本作の魅力、目指す自画像などを語ってくれた。

-オファーを受けたときの率直な気持ちは?

 「やれるのであれば、ぜひ!」と。やっていないことに挑戦することは僕の中で特別なことなので、素直にうれしかったです。

-加藤さんが担当するキャラクターが、ナイスミドルなディーコンと聞いて少し驚きましたが、ご自身はどう思いましたか。

 顔だけ見ると「どうなんだろう…」と思いました(笑)

-その顔にぴったりの声をあてるために、どのような工夫をされましたか。

 (ディーコン役のジェイ・ハリントンは)どちらかというと高い声だし、日本人の声優さんたちは、主役のホンドー役の咲野(俊介)さんをはじめ、低音ボイスが響く、いい声の方ばかりなので、その中で埋もれずディーコンとしているために、あまり声を落とし過ぎないようにしました。

-初回のアフレコを終えたときの気持ちは?

 すごく緊張しました。他の方々は何度か共演されているみたいで、最初からチーム力があったので、その中にポンと入っても、どう立ち回っていいか分からなかったし、先輩方の前で失敗もできないし…。でも、決起集会で咲野さんが「楽しくやろうよ。僕たち、チームなんだから」と言ってくれたので安心して、2回目からは楽しんでやっています。

-アニメーションのアフレコ経験は豊富ですが、吹き替えとの違いは感じますか。

 単純に声だけをあてるのではなく、役者が演じているのを見て、感じて、僕も一緒に芝居をしているという感覚が、アニメ声優とは違うかな。ディーコンはあまりしゃべらないけど表情の芝居が多いので、それを受け取って自分の芝居として声を出すようにしています。

-特に苦労されていることはありますか。

 難しい言葉や専門用語が出てくるし、そのアクセントが分からなく…

(更新日:2018年7月3日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME