top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

巨人・山口俊 長嶋茂雄終身名誉監督の激励に応える働き/頼れるタフネス

週刊ベースボールONLINE


勝ち星こそ5勝にとどまるも7つのQSを記録するなど先発の役割を十二分に果たしている巨人の山口俊

 球団が求めていたのは、この頑丈さだった。一昨年オフにDeNAからFAで加入した山口俊が真価を発揮している。

「長いイニングを投げたいと思っています。ちょっとでも救援陣の負担を減らせれば」

 今季は開幕からエースの菅野智之が投げない“裏ローテ”の初戦を任される。6月12日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では7回5失点ながらも5勝目(5敗)を挙げ、「ここ2試合、終盤に失点してチームに貢献できていなかったので、なんとしても勝ちたいという気持ちで上がりました」と充実の表情を見せた。何より評価されるべきは、そのスタミナだ。

 4月17日の古巣のDeNA戦(新潟)で9回133球を投げ抜き、5安打2失点で2勝目。開幕16試合目でチーム初の完投勝利を挙げ、自己最多の14三振を奪う力投を披露した。

 交流戦終了時点で同僚の菅野の5完投に迫るリーグ2位の4完投、1試合の平均球数は121.3球、平均投球回は菅野に次ぐ同2位の7.0回。ブルペン陣を休ませるのに一役買っている。

 昨季は故障で出遅れ、7月に泥酔暴行騒動を起こしてその後のシーズンを謹慎。1勝にとどまり、戦力になれなかった。万全の状態で迎えた今季は春季キャンプで視察に訪れた長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督から個別に激励を受け、「頑張れという言葉に添えるよう、頑張りたい」と気を引き締めていた。シーズン中盤を迎え、今季から加入した野上亮磨や、吉川光夫が二軍落ちする中、菅野とともに投手陣を支える。

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル