top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コシも個性も様々!うどん県・香川の激ウマ讃岐うどん4店舗に行ってみた!

ガジェット通信

どうもライターの丸野裕行です。

讃岐うどんの聖地といえば、言わずもがな《うどん県》こと香川県ですよね。香川県に足を伸ばせば、讃岐うどんは必食グルメ! この記事では筆者自らが訪れた、お店5店舗をご紹介したいと思います!

この度に同行してもらったのは、京都ラーメン記事の連載でいつもお世話になっているラーメンライターさんです。関西をメインに雑誌やWebで活躍中のこちらの方、うどん通としての側面を活かしイチオシの讃岐うどん店を案内してもらいました!

筆者が実際に試食した香川県内に星の数ほどある讃岐うどん店の数々、食べた感想を画像と共にとくとお読みください! とその前に……

うどん県には独特なオーダースタイルが存在

うどん県である香川には、店舗別の提供スタイルというものがあるんです。讃岐初心者が、入店してから困惑してしまわないためにも事前に予備知識をつけておきましょう。

製麺所型店舗

広告の後にも続きます

まず一番多いと思われる製麺所的な店舗では、製麺した麺を販売しながらのイートインスペースがあり、直接茹でたての麺を出しているお店。商品の卸がメインなので、必要以上に愛想はふりまきません。

湯がきたてのうどんを丼に入れてもらい、出汁や薬味は自分チョイス。「勝手に食べて帰ってね」という究極のラフセルフ感が漂います。

セルフ型店舗

横一列に並ぶ社員食堂のような店舗。自らトッピングやおにぎりを手に取り何玉食べたいのかを店員さんに告げます。事前に茹でてある前の麺を“タモ”に入れてもらって会計を済ませ、それを受け取ると寸胴鍋に入ったお湯で軽く茹でます。麺がほぐれると、出汁やネギなどの薬味を入れて、自分の席を確保して食べるというタイプ。

しかしながら、支払いに関してはお店によって違いがあるので、お客さんの流れを見極めましょう。

レストラン型店舗

席に案内されて、メニューを渡され、オーダー。その後できあがった商品を、あなたが座っている席まで運んできてくれるという、よくあるタイプのお店です。

以上をしっかりと押さえて、讃岐うどん店に挑むことにしましょう。

高松市亀岡町 『竹清 本店』

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル