top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

『バイキング』日大アメフトにご執心で「もはや個人攻撃」と批判が

SmartFLASH

 

『バイキング』(フジテレビ系)が、日大アメフト部の悪質タックルに端を発した「お家騒動」を繰り返し放送している。同大の田中英寿理事長(71)に対し、もはや個人攻撃の域にまで達しているとして、非難の声が上がっている。

 

 6月21日の放送では、「田中理事長が公の場に出ない理由は『バイキング』のせいとも取れる」と放送し、番組出演オファーを断られたことも明かした。

 

 田中理事長は、15日の日大校友会常任委員会で「『バイキング』で、さんざん笑い者にされちゃってるんですよね。ですから、なんでもかんでも出ていくといいものでもない」と発言していたという。

 

 司会の坂上忍(51)は「(田中理事長が)いずれ出てくるのかもしれないですけど、いまだに出てこない」と発言し、ゲストであるタレント・薬丸裕英(52)は「甘くみちゃいけないですよ。『バイキング』はあきらめない」と発言し、スタジオの笑いを誘った。

 

 12日の放送では、騒動についてコメントを求められたお笑い芸人の小藪千豊(44)が「逆にみなさんにお聞きしたいんですけど、どうして田中理事長が出てこないといけないんですか?」と発言し、坂上忍からたしなめられてもいる。

 

 まるで個人攻撃のような放送を受け、twitter上でも呆れた声が上がっていた。

 

《毎日日大ネタ、楽しんでるのは番組だけじゃないのかな》

 

《おい!!坂上忍、あんたはSNSで個人攻撃するのには怒っておきながら、公共電波を使って日大叩きをずっとしている! バイキングはクレイジーとしか言えない!》

 

《やだな〜 日大元監督や理事長などを、吊し上げだよ。 なんか、日大問題を風化させちゃいけないって大義名分があるみたいだけど、これってマスコミによる個人攻撃じゃないのかね。 悪質タックル問題は別じゃねぇ?》

 

 田中理事長が公の場に出るまで、『バイキング』は日大騒動を追い続けるのだろうか。

TOPICS

ランキング

ジャンル