top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『Huntdown』レビュー:80年代レトロの魅力と現代的なゲーム性を融合させた愛すべきアクション

ガジェット通信

80年代にゲームキッズだった人間なら「こういうのがやりたかったんだよ!」と叫ぶだろう。3月4日にNintendo Switch向けに配信開始された『Huntdown(ハントダウン)』は、そんな作品だ。その魅力は、80年代レトロな雰囲気を持ちながらも、現代的なゲーム性を備えた点にある。

オールドスクールをコンセプトにしたアクションシューティング

『Huntdown』は、退廃的な未来を舞台にした横スクロール・アクションシューティング。ドット絵のビジュアルから分かる通り、本作はオールドスクールなゲームを目指した作品だ。コンセプトは「80年代レトロ」。最も直接的にコンセプトを表しているのが、その世界観だろう。

舞台は退廃的な未来。街はサディスティックで凶悪なギャングたちに支配されており、警察ですら足がすくむ…という状況。この状況に立ち向かうのが、主人公であるバウンティハンター。プレイヤーは3人のバウンティハンターの中から1人を選び、プレイに挑む。

人によっては、「この世界観の何が80年代レトロなの?」と思うかもしれない。が、プレイすると、そこここに80年代のアクション映画をモチーフとしたネタが散りばめられていることに気づくだろう。まず主人公のバウンティハンター=賞金稼ぎという立場は、退廃的な雰囲気もあいまって、映画「ブレードランナー」を連想せずにいられない。

本作は厳密にはサイバーパンクというわけではないのだろうが、クルマに装備されたコンピューターや、主人公に依頼をする日本名の企業・島本など、いかにも「サイバーパンク的」な要素が散りばめられている。ちなみに、この時点で「何それおもしろそう」と思った人は、即ダウンロードした方がいい。その期待が裏切られることはない。

広告の後にも続きます

また、アメコミのヴィランばりに特徴的な敵のボスたちは、映画『バトルランナー』な空気感だし、ボスの一人が乗り込むロボット兵器などは映画『ロボコップ』をホーフツとさせる。さらに、ビジュアル面だけでなく、サウンド面も「80年代レトロ」がコンセプト。楽曲はダークウェーブ、インダストリアルシンセなどで構成されている。プレイしていると80年代の映画の想い出が蘇ってきて、なんとも懐かしい感じだ。

もちろん、ゲーム性の面でも「80年代レトロ」は再現されている。なんといっても本作には「育成要素」がない。ゲーム中、武器を手に入れることはあるのだが、レベルが上がってHPや攻撃力がアップするだとか、新たなスキルを覚えるといったことはないのだ。プレイヤーができることは、メイン武器とサブ武器による攻撃と、近接攻撃、ジャンプ、ダッシュ、そして遮蔽物へ身を隠すカバーアクション。これらのアクションを駆使してプレイヤースキルで攻略していく。この割り切ったつくりは、いかにも80年代のアーケードゲームをイメージさせる。

それと、個人的には「敵=悪」として描かれている点も80年代ライクだと感じた。「敵=悪なのは当たり前だろ?」と思う人もいるかもしれないが、昨今のストーリー性を重視した作品では、「敵なりに、悪へと堕ちる理由があった」だとか、「立場が違うだけで、敵側から見れば主人公が悪」と言った風に、「絶対的な悪はいない」という立場をとることが多いように思う。しかし本作は、シンプルに「敵=悪」。画面に登場したら同情の余地なく倒してOKだ。

なぜシンプル「敵=悪」だと80年代ライクなのか?…というのも、80年代のアクションゲームには、一応、「さらわれたヒロインを助ける」「侵略者に反抗する」的な背景設定はあったものの、今ほどストーリー性を深く描いてなかった。これは、アーケードゲームが中心だったからだろう。

80年代のアーケードアクションゲームは、コインを入れてゲームスタートすると、プレイヤーがやるべきは、出てきた敵を倒す…という様式のものが多い。つまり、悪だの正義だのという前にゲームである以上、「倒される側(敵)」という役割が必要で、「悪」かどうかは後付けなのだ。なので、本作のように「敵=悪=倒すべき存在」という割り切った描き方をされると、80年代のアーケードのアクションゲームを連想してしまう。

レトロだが古くはない! 現代的なゲーム性がもたらす没入感

ここまでレトロレトロと連呼してきたが、本作は決して「古いゲーム」ではない。むしろ本作のゲーム的な魅力は、本作の現代的な部分にこそある。たとえばそのひとつは、ドット絵の演出。レトロ感をダイレクトに伝えるドット絵ですら、現代的な魅力が込められている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル