top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

トランプ×金正恩会談で日本は3兆円の負担になる可能性

女性自身

「米朝首脳会談では、金正恩体制維持を約束しましたが、非核化の手順は盛り込まないなど、拍子抜けの内容でした。その一方で、トランプ大統領は『核廃棄には韓国と日本が費用を分担する』と、日本の経済支援については、しっかり言及しています」(全国紙政治部記者)

 

6月12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談。“核戦争”という言葉も飛び交う1年前に比べると融和ムードとなっているが、平和には多大な費用がかかりそうだ。

 

「まず、非核化の費用ですが、イギリスの投資顧問会社は、日本の負担金を10年間で50兆円という破格の算出をしています。しかし、現実的な金額とは思えない。おそらく数千億円から1兆円規模と予想されます」(同記者)

広告の後にも続きます

 

朝鮮半島が平和になれば、在韓米軍の縮小も考えられる。第一生命経済研究所の首席エコノミストの永濱利廣さんは、こう予測する。

 

「アメリカはアジアに対する影響力を維持するために、在日米軍を手厚くする可能性はあります。それを根拠に、日本が在日米軍に支払う“思いやり予算”の増額をトランプ大統領が求めてくる可能性がある」

 

さらに、日本と北朝鮮の国交正常化という話になれば、北朝鮮は確実に“戦後賠償”を持ち出すと分析するのは、経済評論家の加谷珪一さんだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル