top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

セブン ローソン ファミマに聞いた「災害時の支援」

防災ニッポン


コンビニエンスストアが災害時に、「災害時帰宅支援ステーション」「指定公共機関」になることをご存じですか?国や自治体と取り決めているんです。それってどのような支援を提供してくれるのでしょうか。知っておいた方がよさそうです。今回はコンビニ大手「セブン‐イレブン」「ローソン」「ファミリーマート」に災害時のサービスについて尋ねてみました。

帰宅困難者への支援

協力いただいたのは、「株式会社セブン&アイ・ホールディングス(以下セブン)」広報センター、「株式会社ローソン」広報部、「株式会社ファミリーマート(以下ファミマ)」広報部の方々です。

 

大きな地震などで公共交通機関がストップすると、自宅に帰れない「帰宅困難者」が多数発生すると予想されています。そんな事態に備え、コンビニと自治体との間には「帰宅困難者支援協定」が取り決められており、この協定に参加している店舗には「災害時帰宅支援ステーション」と記載されたステッカーが掲示されています。

(画像:内閣府「自治体との災害時帰宅困難者支援協定(減災への取組)」ページよりhttp://www.bousai.go.jp/kyoiku/keigen/torikumi/tsh22004.html

広告の後にも続きます

 

ほとんどの店舗で、入り口横などドア付近の見やすい場所に掲示されています。今度コンビニに行ったときにはぜひ確認してみてください!

 

では、「災害時帰宅支援ステーション」ではどんな支援が受けられるのでしょうか。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル