ぴあ映画初日満足度ランキング あのベストセラー原作の作品は?
ぴあ映画初日満足度ランキング あのベストセラー原作の作品は?
ぴあ映画生活は、6月15日、16日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。それによると、第1位は60代で世界に見い出され世界中からリサイタルのオファーが絶えない“魂のピアニスト”…

 ぴあ映画生活は、6月15日、16日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

 それによると、第1位は60代で世界に見い出され世界中からリサイタルのオファーが絶えない“魂のピアニスト”フジコ・ヘミングを追ったドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』。「世界中に羽ばたいていくフジコさんは素敵だった。同じ年代なのでリンクする部分が多く、自分の人生の起伏と重なって感動した。今もまだ感動で脚がガクガクしている」(88歳・女性)など、高齢の観客から感動したとの声が多く出ている。

 第2位は、遺伝子疾患により人とは異なる顔で生まれてきた少年が、家族と共に困難に立ち向かっていく姿を描く『ワンダー 君は太陽』。第3位は、池井戸潤のベストセラー小説を長瀬智也主演で映画化したヒューマンドラマ『空飛ぶタイヤ』だった。

************************************

1位『フジコ・ヘミングの時間』94.0点

2位『ワンダー 君は太陽』92.9点

3位『空飛ぶタイヤ』92.1点

4位『ニンジャバットマン』87.1点

5位『メイズ・ランナー:最期の迷宮』85.3点

6位『V.I.P. 修羅の獣たち』85.0点

7位『ALONE/アローン』81.8点

8位『母という名の女』81.4点

(6月16日ぴあ調べ)

************************************

 

ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。

(更新日:2018年6月30日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME