top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

家で本格できたて生ビールを飲める最高の贅沢! 会員制サービス「キリン ホームタップ」が幸せを運んできてくれる

ガジェット通信

家で飲む缶ビールも美味しいですが、やっぱりビアホールや居酒屋で飲むフレッシュな生ビールの美味しさにはかないませんよね。フレッシュなホップの味わいと繊細な泡の美味しさはお店でないとなかなか味わえないものです。

そんな本格的な生ビールの美味しさを家でもお手軽に体験できる、キリンビールが提供する「キリン ホームタップ」という会員制生ビールサービスがあるのをご存知でしょうか。

先日「キリン ホームタップ」のメディア向け体験会が開催され、実際にその魅力を堪能してきましたよ。

会員制生ビールサービス「キリン ホームタップ」

「キリン ホームタップ」は特殊なペットボトルに工場でつくられた新鮮なビールを閉じ込めて月2回配送。そのビールを専用の本格生ビールサーバーで注ぐことで、つくりたてのビールを自宅でも味わえるというビール好きにはたまらないサービスです。

キリンの社員は入社するとまず工場でつくりたてのビールを飲む体験をし、フレッシュな美味しさに感動するそう。その美味しさを多くの人に伝えたいという一心でプロジェクトが立ち上がり、2015年には前身のサービスとなる「ブルワリーオーナーズクラブ」という100人規模のサービスがスタート。その後何度も改良を繰り返し、ついに満を持して広く紹介できるような状態になったのだとか。

広告の後にも続きます

こちらが自宅に送られてくるペットボトルです。酸素の透過を防ぐコーティングが施されているため中身の劣化を防ぐ効果があるのだそう。

内容量は1リットルで、開栓後48時間程度は美味しく飲むことができるので週末で1本消費するのにぴったり。冷蔵庫にも入れやすいサイズなのもありがたいですね。

あらかじめ冷蔵庫で冷やしておいたペットボトルをサーバーにセットし、電源を入れて10分ほど待てば準備完了。あとはビールを好きなだけグラスに注ぐだけ!

操作方法も難しくありません。グラスを45度に傾けて8割ほど注ぎ、仕上げに泡を入れれば誰でも簡単に7:3の黄金比でビール注ぐことができます。そして見てくださいよ、このきめ細かい泡を!

お店の生ビールサーバーと同様に炭酸ガスを使っているため、こんなにも簡単に繊細でクリーミーな泡を実現することができるそうです。こんなクオリティのビールを自宅で気軽に飲むことができるなんて、とんでもないことですぞ……!!

サーバーはコンセントに挿して中が冷えたあとなら持ち運びも可能。サイズは高さ40センチ、幅と奥行は30センチとコンパクトなので、庭やベランダ、屋上などに持ち運べばビアガーデン気分も味わえます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル