top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

無印の新助っ人、横浜ローズ2試合に4本塁打(1993年6月19日)

週刊ベースボールONLINE


まだまだ笑顔は初々しい。助っ人としては小柄だった

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は6月19日だ。
 
 バリバリの現役メジャーとして騒がれて来日し、鮮烈な活躍をする外国人選手もいることはいるが、大抵尻切れトンボとなる。

 理由はいくつもあるが、一つには実力者ほど日本球界を“ナメて”しまうことがある。
 最初は、スイングスピードのすさまじさもあって、“ノーカン”でもガンガン打ちまくるが、欠点を徹底して攻められたり、勝負を避けられまくると、徐々に焦りが生まれ、ボール球に手を出して凡打を繰り返し、フォームやメンタルのバランスを崩し、調子も上がらなくなる。

 そうではなく、日本の文化、野球を受け入れる“柔軟性”があるタイプのほうが活躍できる、というのは1つ定説のようにはなっている。

 そういう意味では、日本球界の8年で1275安打を放ったロバート・ローズは例外的な選手と言えるのか知れない。
 この男は8年の滞在ながら日本語を覚えようとも、日本文化に馴染もうともしなかった。

 今回はローズ1年目の話だ。93年、横浜に入団。同時期に入団したブラッグスのほうが、メジャーの実績は遥かに勝り、ローズの評価はさほど高くなかった。
 それは自身も分かっており、来日時の会見では「試合に出るためにはキャッチャーだってやる」と話したほどだ。

 この男が開幕から打ちまくり、セカンドの名手と言われた高木豊をサードに追いやってしまったのだから面白い。

 圧巻だったのが6月19日の広島戦(秋田)だった。1打席目でバックスクリーン右、2打席目でレフトスタンド、3打席目は左中間場外へ。5打数5安打5打点だ。
「3本目は出そうな予感があった。よかったね」とローズ。
 翌日も敗れはしたが、一時は逆転となる12号3ラン。47打点でリーグ打点トップにも躍り出た。

 同年打点王にも輝いている。日本文化にはなじまなかったが、日本野球にはなじんだ男は、ここからさらに成長していく。

写真=BBM、

TOPICS

ランキング

ジャンル