top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「タイトルにある“ミナリ”が家族の未来への道しるべになった」yuu(lyrical school)の映画『ミナリ』レビュー

ガジェット通信

『ムーンライト』や『レディ・バード』など作家性の強い作品で今やオスカーの常連となったA24と、『それでも夜が明ける』でエンターテイメントの定義を変えたブラッド・ピットのPLAN Bがタッグを組んだ『ミナリ』が現在公開中です。

『ミナリ』
1980年代、農業で成功することを夢見てアメリカ南部のアーカンソー州に移住してきた韓国人一家を描く『ミナリ』。父親は農業で成功したいと夢見てアーカンソー州の大地に広大な土地を買うが、現実は厳しく、一家には様々な困難と予想もしない事件が降りかかる。

先日発表された、第93回アカデミー賞のノミネート発表ではスティーヴン・ユァンが主演男優賞にノミネートされ、アジア系としては初の快挙を達成。作品賞、監督賞(リー・アイザック・チョン) 、脚本賞(リー・アイザック・チョン) 、助演女優賞(ユン・ヨジョン) 、作曲賞(エミール・モッセリ)と6部門で受賞が期待されています。

今回は5人組ガールズラップグループ「lyrical school」のyuuさんに本作をご覧になった感想を伺いました。映画好きのyuuさん、特に「A24」の作品がお好きという事で、本作に何を感じたのか。ぜひご注目を。

Q:本編をご覧になった率直な感想を教えてください。

広告の後にも続きます

なにげない生活の中で起こる出来事の中で、家族一人一人の感情がとても丁寧に描かれている素敵な作品でした。希望に向かって前進する一家を応援したい気持ちが高まる中、理不尽な出来事が家族に降りかかります。タイトルにある「ミナリ」が家族の未来への道しるべになったと思いました。この家族の今後をもっとみたいです。

Q:印象に残ったシーン、セリフなどはありますか?その理由も教えてください。

おばあちゃんがデイビットに「ワンダフルミナリ」を歌ってあげて寝かしつけるシーンが印象的でした。わたし自身両親が共働きだったので、おばあちゃんに寝かしてけてもらっていたことを思い出しました。背中をトントンしてもらいながら歌を歌ってもらえるだけで寂しさも紛れ、安心して眠ることができたなと幼少期の記憶と重なりました。今夜、電話してみようかな……!

Q:特に印象に残ったキャラクター、好きなキャラクターがいれば、その理由も教えてください。

おばあちゃんが最高でした。
全体を通しての存在感がすごかったです。言葉や仕草ひとつひとつが印象的で、おばあちゃんの表情だけで映画の展開が変わっていくことに驚きました。
子供たちもとっても愛らしく、特にお姉ちゃんのアンが好きです。わたし自身6歳離れた兄がいる妹っ子だったので「しっかりしていて弟の面倒見がいい、けどどこかずる賢い面もある」そんなお姉ちゃん像に秘かな憧れがあります。山から取った”霧の水”っておばあちゃんに教えてあげるところも大好きです。

Q:本作ではそれぞれの視点から「家族」が描かれています。yuuさんが本作での家族の描き方に感じたことがあれば教えてください。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル