top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

加護亜依ハロプロ復帰に古参ファン感無量「やっとこの時が」

女性自身

「ハロープロジェクト20周年!!ゲスト出演のオファーを頂きライブに出演させて頂く事になりました!内容はまだ未定ですが何曲か歌わせて頂く事になりそうです ハロプロのステージに立つのが 今からとても楽しみです」

6月15日、こうツイートしたのは加護亜依(30)だ。加護は7月から全国各地で開催されるハロプロのコンサート「Hello!Project 2018 SUMMER」に出演する。

 

今回の“ハロコン”はハロプロの 20周年を記念したもの。各公演にハロプロOGが出演するが、加護は終盤の8月25、26日の東京・中野サンプラザ公演に出演。残りわずかとなる“平成のハロコン”に滑り込んだ形だ。

 

広告の後にも続きます

加護は、00年に「ASAYAN」(テレビ東京系)で行われた「モーニング娘。第3回追加オーディション」に合格。モーニング娘。の4期生に選ばれた。04年に同グループを卒業し、辻希美(30)とのユニット・W(ダブルユー)で活躍。しかし06年と07年と2回にわたって喫煙騒動があり、所属事務所・アップフロントエージェンシーとの契約が解除。09年にテレビ出演した際、同事務所とは「絶縁状態」で「公式にはコメントもできない状態」と語っていた。

 

“解除”以降はジャズシンガーに転向。またアイドルユニット・Girls Beat!!を結成し、アイドルとして再デビューも経験。現在はソロとなり、ライブを中心に音楽活動を行っている。またプライベートではバツイチとなり、16年に再婚。1女1男のママとして、その奮闘ぶりをInstagramで日々報告している。

 

先月27日、東京・銀座でライブを開催した加護。ステージ上でつんく (49)について「つんく さんへの感謝は言葉で表せないので、やめます」と発言し、笑いを誘った。いっぽうで「若い時はつんく さんの前向きな歌詞がわからなかった」としつつ、こう語った。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル