top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

舘ひろしが明かした「石原軍団」セリフはカンペだった

SmartFLASH

 

 俳優の舘ひろしが6月9日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、ドラマ撮影秘話を明かした。

 

 数々の作品に出演してきた舘だが、「ドラマのセリフはカンペを読んでいた」という噂に、「昔は、ですね」と認めた。

 

 そのきっかけは、かつて東映の演技事務のスタッフから「舘くん、セリフなんか覚えなくていいよ」と言われたからだという。

 

 カメラに映らないように床や壁にセリフを張り付けており、「気がついたら、次のセリフの上に立っていた」との失敗談も。

 

 さらに、舘は「渡も石原も『覚えなくていい』って」と、故・石原裕次郎のほか、俳優・渡哲也も、カンペを使っていたと明かした。

 

 共演者から「カンペを見るためにサングラスをかけていた?」と聞かれると、舘は「それもあります!」と同意。『あぶない刑事』(日本テレビ系)でも「まったく覚えていない」とカンペに頼って演技していたという。

 

 映画『終わった人』に主演し、数々の番組で知られざる素顔を披露した舘。6月8日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)では、石原プロ入社時の話を明かした。

 

 裕次郎から「どんな刑事やりたい?」と聞かれ、舘が「オートバイ乗っている刑事をやりたい」と答えると、その言葉通り、『西部警察』(テレビ朝日系)でハーレーダビッドソンにまたがる刑事役が与えられたという。

 

 当時は生意気盛りで、撮影所で、石原、渡のディレクターズチェアの横に、自分用のイスを置いたという。

 

 石原が「これ誰のだ?」と聞くと、スタッフが「舘君は腰が悪くて……」とフォローしてくれたが、石原は「舘君は10年早いねえ」とポツリ。舘は「石原さん、今はそういう時代じゃないですよ」と返したところ、そのまま見守ってくれたという。

 

 6月3日放送『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)では、渡からかけられた一言への感謝を熱弁した。

 

 初対面で後輩にも丁寧にあいさつしてくれた渡の姿に感動した舘。将来を決めかねていたが、渡だけが「ひろし、お前には華がある」と言ってくれたという。「その言葉だけを頼りに今も俳優を続けています」とダンディに語っていた。

 

 男が憧れる男の姿を貫く舘。その背景には、石原軍団ならではの先輩たちへの感謝と敬意があったようだ。

TOPICS

ランキング

ジャンル