ディーン・フジオカ、長瀬智也と対談。“アラサー女性”について「いろんな可能性を持っていると思う」
ディーン・フジオカ、長瀬智也と対談。“アラサー女性”について「いろんな可能性を持っていると思う」
『andGIRL 7月号』が本日6月12日に発売。長瀬智也×ディーン・フジオカの対談が実現した。 テレビドラマで数々のヒット作を生んできた池井戸潤の『空飛ぶタイヤ』が、初の映画化。主演の長瀬智也と、ディーン・フジオカのイ […]

『andGIRL 7月号』が本日6月12日に発売。長瀬智也×ディーン・フジオカの対談が実現した。

テレビドラマで数々のヒット作を生んできた池井戸潤の『空飛ぶタイヤ』が、初の映画化。主演の長瀬智也と、ディーン・フジオカのイケメンコンビがそろって登場。映画の裏話からアラサー女性の魅力まで、笑いを交えた楽しいトークを展開する。

Q:30~40代の脂ののった男たちが、それぞれの信念にかけて戦っていて、とても男気溢れる熱い作品ですよね。アラサーの読者は、そういう働く男性の姿にキュンとします。
長瀬:アラサー女性について語りましょうか(笑)。
ディーン:僕、結婚しているので、こういうテーマで話す機会はなかなかないですね(笑)。
長瀬:でも、いくつになってもおしゃれしようって頑張っている女性は、かわいいなって思います。
ディーン:女性ってでも、年齢にかかわらず、そういう欲があるのは素敵ですよね。
長瀬:僕たちみたいな、俳優などの男社会に紛れて一緒に働くアラサー世代の女性が増えてきましたね。そんな女性たちが、毎日メイクをちゃんとして現場に来るって、本当にかわいいと思っちゃう。
ディーン:わかる、わかる! ライブツアーでまわっているときとか、スニーカーはいて裏方の仕事で走り回りながらも、舞台袖でひそかに音にのってくれているのとか見ると、キュンとしますね。

Q:アラサー女性の印象は?
ディーン:仕事をバリバリやっている人もいれば、結婚している人、お母さんになっている人もいて、それぞれの選択によっていくつもの道に分かれていく世代のような気がします。多様性があるイメージかな。だからこそ、いろんな可能性を持っていると思うので、新しいこともどんどんチャレンジしてほしいですね。

小ささゆえにかわいく見られるのはいいけれど、そうじゃない路線で行きたいときも場所もある。特に職場では、信頼できる・頼れる・憧れられる存在……つまりちゃんとデキる人にならないと! そんなSガール特有のお悩みを、GIRL流のレディーコーデで解決。女優の川栄李奈が実演する。

【POINT 1. すとんワンピ、肌見せ、ストライプのBOX型Iラインでキリっと見せる】
Sガールの場合は上下どちらかにボリュームが偏ったり、細いIラインだと子ども見えする傾向が。長方形Iラインが理想。

【POINT 2.  ウエストマークできるタイトスカートでデキ女バランス!】
特にハイウエストぎみのタイトスカートは、脚長&大人に見えるし、今季はトレンド感も出て最高~!

そのほか、
■今年の夏は「メントールな寒色コーデ」でいこう
■むしろモテます!「ユニクロ通勤」「ZARAデート」
■朝比奈彩が着る、今年の水着はすっごく可愛い♪
■andBOY  高杉真宙

など必見の記事がたっぷり掲載されている。

書籍情報

『andGIRL  7月号』
表紙:深田恭子
発売日:6月12日
価格:定価690円(税込)
仕様:A4ワイド、無線綴じ

『andGIRL』オフィシャルサイト
https://www.andgirl.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC

ディーン・フジオカ、長瀬智也と対談。“アラサー女性”について「いろんな可能性を持っていると思う」は、【es】エンタメステーションへ。

(更新日:2018年6月14日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME