top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

王貞治の足をひょいと上げて打つフォーム?/週べ1962年8月6日号【227】

週刊ベースボールONLINE

 今年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永く、お付き合いいただきたい。

阪神・藤本定義監督が燃えている



表紙は大洋・三原脩監督

 今回は『1962年8月6日号』。定価は40円だ。引っ張ってきた話題、巨人・王貞治の「一本足打法」が「週べ」でいつから書かれ出したか、であるが、ようやくフォームに触れた記事があった。
 平和台でのオールスターのため、巨人、中日、広島が宿舎にしていた金洋荘でのショートインタビューだ。王はホームランが量産体制に入ったことで、四番に座る機会も増えていた。

──四番について。
「僕とすれば四番でも一番でも同じことですよ。要は打たなければいけません」
──大下(弘。西鉄ほか)、別当(薫。毎日ほか)なみの足をひょいと上げて打つバッティングについて。
「やはり振りが鋭くなります。タイミングの取り方さえマスターすれば、この打法のほうが長打は出るようになると思いますね。当分は続けるつもりです」

 オールスターの目玉は、前半戦18勝3敗の東映・尾崎行雄だ。ただ、右手中指のマメでややペースダウン。
 宿舎では「痛むから」と左手で箸を使って食事をしていたが、指を見ると赤チンが塗ってあった。
「僕の生命はあくまでスピードボールにある。とことんまでスピードで勝負していきます」
 という言葉もあった。いずれにせよ、パは東映が大独走。水原茂監督も尾崎に無理をさせる気はないようだ。

 一方のセは阪神、大洋が激しく競って、3位の巨人はやや引き離されつつある。
 盛り上がっているのは阪神、それもファンだ。一塁側スタンドは優勝目前のような騒ぎになっていた。
 燃えているのは阪神の57歳のベテラン監督、藤本定義も同じだ。
「こうなったらうちの優勝への執念が強いか、大洋が強いかだ。勝負をやる以上、執念が強いものが勝つ。根性があるとかないとかは、この執念の濃淡なんだ」
 また、この時点で「うちと大洋は、終盤引き分けの差が影響するかもしれない」とも言っている。この年は終盤、確かに大洋と阪神は歴史的な競り合いをする。さすが智将藤本、読みが深い。

 以下宣伝。
 週べ60年記念シリーズ『巨人編』『日本ハム編』『阪神編』『ロッテ編』が発売中です。

 では、またあした。

<次回に続く>

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル