【インタビュー】『ワンダー 君は太陽』スティーブン・チョボスキー監督「フェイシャル・ディファレンスの子どもたちが、この映画のおかげで人生が変わったと言ってくれました」
【インタビュー】『ワンダー 君は太陽』スティーブン・チョボスキー監督「フェイシャル・ディファレンスの子どもたちが、この映画のおかげで人生が変わったと言ってくれました」
『スター・ウォーズ』が大好きで、宇宙飛行士に憧れる10歳の少年オーガスト。どこにでもいるごく普通の子だけど、ちょっと違うのは、遺伝子の疾患で人とは異なる顔で生まれてきたこと。そんな彼が、みんなと同じ…

 『スター・ウォーズ』が大好きで、宇宙飛行士に憧れる10歳の少年オーガスト。どこにでもいるごく普通の子だけど、ちょっと違うのは、遺伝子の疾患で人とは異なる顔で生まれてきたこと。そんな彼が、みんなと同じ学校に通い始めたことでさまざまな経験を重ね、成長していく…。『ワンダー 君は太陽』(6月15日全国公開)は、全世界800万部突破のベストセラー小説を、天才子役ジェイコブ・トレンブレイ、ジュリア・ロバーツら豪華キャストで映画化した感動作。公開に先駆けて来日したスティーブン・チョボスキー監督に、映画製作の舞台裏などを聞いた。

-原作の良さが生きた映画だと感じました。手応えはいかがでしょうか。

 僕も物書きで、前作の『ウォールフラワー』は自分の小説を映画化しています。今回はそのときに学んだことを生かしました。素晴らしい役者がそろっていたことにも助けられました。うれしかったのは、映画が完成して原作者のR・J・パラシオと一緒にインタビューを受けたときのこと。「原作にあり、映画に登場せず残念だったシーンは?」と聞かれた彼女が、少し考えてから「思いつかないわ」と答えたんです。僕は「やった! 自分の仕事はこなしたぞ」と誇りに思いました(笑)。

-オーガストを演じたジェイコブ・トレンブレイくんの演技が見事です。演技についてどんな指示をしましたか。

 特別な指示はしていません。幸運だったのは、ジェイコブが、その世代に1人しかいないような希有な才能の持ち主だったことです。ジェイコブのお母さんは優れた演技コーチですし、共演者も素晴らしい人ばかり。僕の仕事は、全ての役者が自分のキャラクターを自由に掘り下げ、お互いを支えられるような現場の雰囲気を作ることだけでした。ジェイコブには、時々「集中して!」と言ったぐらいです。

-この作品ではオーガストの顔の特殊メークも重要なポイントです。小説であれば読者の想像に委ねられますが、映画化する上では誰でも分かるように視覚化しないといけません。どんなことに気を付けましたか。

 オーガストのような顔の障害を英語で“フェイシャル・ディファレンス”と言いますが、そ…

(更新日:2018年6月13日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME