近鉄・石毛博史、先頭打者から5連続四球(1997年6月10日)
近鉄・石毛博史、先頭打者から5連続四球(1997年6月10日)
マウンドでぼう然とする石毛 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介してい

マウンドでぼう然とする石毛

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は6月10日だ。

 快速球を武器に第二期長嶋茂雄監督時代前半の巨人で抑えに君臨した石毛博史。ただ、制球の甘さもあって、走者を出しながら最後はなんとか抑えるという展開も目立ち、一部では「石毛劇場」とも言われた。

 その後、徐々に救援失敗が増え、ベンチの信頼を失い、96年オフ、近鉄・石井浩郎との交換トレードで吉岡雄二とともに近鉄に移籍となった。

 近鉄では、小林繁投手コーチとマンツーマンでフォームの矯正を行い、先発に回って、まずは3試合で2勝と順調なスタートを切ったが、その後、KOが続き、6月10日西武戦(大阪ドーム)は、いわばラストチャンスだった。

 この試合、石毛は荒れに荒れる。初回先頭打者から4者連続四球で押し出し1失点、暴投で2失点目、さらに四球。5者連続四球は史上9人目、初回先頭打者からは4人目だったが、2リーグ制後は初めてだった。

 ここで降板となった石毛は、そのまま二軍降格。

「仕方ないです。ファームで結果を出して、また使ってもらえるように頑張るしかありません」と肩を落とした。

写真=BBM

(更新日:2018年6月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME