【インタビュー】「生中継!第72回トニー賞授賞式」井上芳雄「よくも毎年こんなに魅力的な作品が生まれるな」
【インタビュー】「生中継!第72回トニー賞授賞式」井上芳雄「よくも毎年こんなに魅力的な作品が生まれるな」
映画界のアカデミー賞に匹敵する、演劇・ミュージカル界の最高峰のタイトル、トニー賞。ブロードウェーで上演された舞台作品に贈られ、世界が注目する賞の授賞式が、今年もWOWOWで生中継される(6月11日(…

 映画界のアカデミー賞に匹敵する、演劇・ミュージカル界の最高峰のタイトル、トニー賞。ブロードウェーで上演された舞台作品に贈られ、世界が注目する賞の授賞式が、今年もWOWOWで生中継される(6月11日(月)午前8時~午後1時)。日本のスタジオから、井上芳雄がその模様をナビゲートする。

 「初めてトニー賞の授賞式の中継に関わらせてもらったのが4年前。番組に関わらせてもらうようになって感じるのは、よくも毎年こんなに魅力的な作品が生まれるなということ。次々と生まれてくる新しい才能と、手を変え品を変えの斬新な視点やアイデアに驚かされます」

 ノミネートされた作品の一場面が舞台上で披露されるなど、単なる授賞式ではなくショーとしても楽しめる演出となっている。

 「日本にとどまらず、世界中で中継されていますから、ノミネートされた側にとっても、ここでパフォーマンスができるというのは、とても誇らしんですね。ワンシーンへの気合と熱量はすごいですし、見ているだけで楽しいです。今年でいえば、『アナと雪の女王』のミュージカルのような大バジェットで作られた大作がある一方で、何年もトライアウト(試演)を重ねて、ようやくオン・ブロードウェーに上がってきた作品があったり、『マイ・フェア・レディ』のような名作のリバイバルもある。番組では、授賞式の合間にそれぞれの作品の背景を紹介しているんですが、そういう事前情報を知ってから見るとより楽しいんですよね」

 日本のスタジオでは、井上をはじめとする出演者がミュージカルソングなどをこれまでも生披露してきたが、果たして今回は?

 「毎年、期待値のハードルが上がっているのを感じています(笑)。しかも、生放送ですから朝が早い(日本時間、午前8時から)。単なるつなぎではなく、ショーアップされたものをお届けしますので、期待していてほしいです」

 井上といえば、同じWOWOWで放送されている福田雄一監督とのミュージカルを題材にしたコメディー番組「グリーン&ブラックス」も好評。放送延長が決定した。

 「あの番組での僕は本人に近いとはいえ、福田さんのイメージの中での井上芳雄を演じている感じです。実際はあんなふうに裏で話す余裕はないですし。ただ、みんな普段からあれぐらいテンションは高いです。体育会系なんですよ」

(取材・文/望月リサ)

(更新日:2018年6月10日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME