top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大災害の備え 個人でできるポイントを専門家に聞く

防災ニッポン

東日本大震災から10年。南海トラフや首都直下地震などが、30年以内に高い確率で発生すると言われています。くらしのなかでどう備えたらいいのでしょうか。これからの防災の在り方を研究している花崎哲司(はなざき さとし)さんに尋ねました。

想定を超えるから「災害」です

――南海トラフも首都直下地震も、今後30年に起きる確率が高いと言われています。この数字はどういうふうに考えればいいですか。

 

確率論では今起こってもおかしくない。しかも、交通事故で亡くなる確率よりはるかに高い。温暖化や熱帯化、海水面の上昇など、地球環境はここ数百年で経験したことのないスピードで変化しています。気象観測が始まって100年余りのデータでは、予測不可能なことが続いています。

巨大地震も、地球にしてみればくしゃみ程度のことではないでしょうか。想定通りにやってくる災害はありません。想定していた数値を超えるから「災害になる」ことを忘れてはなりません。

広告の後にも続きます

 

大切なのは「人に頼らない防災」です。自分の命を人任せにせず、無理なく日常生活の延長でできる防災を意識していくことです。自分の住む地域の災害特性、災害の情報に敏感にアンテナを張って知識として持っておき、いざというときに自分で考えて行動できることが求められます。

避難所は頼れない?「在宅避難」のススメ

――具体的にはどう取り組めばいいですか。

 

巨大な災害を社会学的に考えると、地震・津波・液状化などが起きることで、水や電気やガス、そして衣食住すべてのサプライチェーンの途絶が起こることも想定しておかなければいけません。「衣食住すべてのサプライチェーンの途絶が起こる」ことです。道路が寸断され物資が届かなくなる「陸の孤島」に取り残される事態を考えておくべきでしょう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル