『リメンバー・ミー』の舞台“死者の国”の重要なルールとは⁉ ボーナス映像解禁
『リメンバー・ミー』の舞台“死者の国”の重要なルールとは⁉ ボーナス映像解禁
7月18日(水)に発売されるディズニー/ピクサー劇場大ヒット作『リメンバー・ミー』のMovieNEXと4K UHD MovieNEXより、ボーナス映像が解禁された。 本作は、陽気でカラフルな“死者の国”を舞台に“家族の絆 […]

7月18日(水)に発売されるディズニー/ピクサー劇場大ヒット作『リメンバー・ミー』のMovieNEXと4K UHD MovieNEXより、ボーナス映像が解禁された。

本作は、陽気でカラフルな“死者の国”を舞台に“家族の絆”を描いた、感動と音楽に満ちたファンタジー・アドベンチャー。「第90回アカデミー賞」の長編アニメーション賞と主題歌賞、「第75回ゴールデン・グローブ賞」で作品賞(アニメーション)を受賞、さらに「第45回アニー賞」では最多11部門を受賞したほか、数々の重要な映画賞を受賞し、その数はなんと70を突破。ディズニー/ピクサー作品史上最高傑作の呼び声も高く、日本では国内興収49億円超え(5月25日時点)の大ヒットを記録した。

冒険の舞台である<死者の国>には、「<死者の国>へ迷い込んでしまった“生きている”人間は、日の出までに元の世界に戻らないと体が消え、永遠に家族に会えなくなってしまう」「1年に1度、人間の世界へ家族旅行ができる(ただし、祭壇に写真が飾られていない人は橋を渡ることができない)」「トイレがない」「ずっと年はとらない」など、生者の国ではあり得ない独特で面白い<死者の国>などのルールがあるが、今回解禁となったボーナス映像では、さらに驚きのルールが明らかとなっている。

“生者の国”との一番の違いは、死者はケガをしないので、安全基準がないところ。作中でも、ミゲルの前を歩くヘクターが階段の上から落ちてバラバラになるシーンがあるが、ヘクターは痛がる様子もなくすぐに元通りになる。また、<死者の国>には生き物がいないので、草木も鉄でできており、電球で飾られているのだ。そして最も重要なルールというのが、本作の全体を通して語られるテーマの一つでもある、「生者の記憶に残るのが何より大事」というもの。

リー・アンクリッチ監督が「死者の国に住むには、家族が覚えていてくれないといけない」と言うように、ミゲルの相棒ヘクターも“二度目の死”の危機にさらされており、深い孤独を隠している。“二度目の死”は切ない概念だが、言い換えれば、生きている者たちが亡き人を覚えている限り、彼らは<死者の国>で楽しく生き続けることができるということ。ミゲルは、驚くべき冒険の中で、生死の垣根を超えた「何世代にも渡る家族の絆」を見出していくのである。

【STORY】
ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。だが、彼の一族は代々、音楽を禁じられていた。ある日、ミゲルは先祖たちが暮らす “死者の国”に迷い込んでしまった。日の出までに元の世界に戻らないと、ミゲルの体は消えてしまう!そんな彼に手を差し伸べたのは、陽気だけど孤独なガイコツ、ヘクター。やがて二人がたどり着く、ミゲルの一族の驚くべき“秘密”とは?すべての謎を解く鍵は、伝説の歌手が遺した名曲“リメンバー・ミー”に隠されていた…。

リリース情報

『リメンバー・ミー MovieNEX』:4,000円+税


『リメンバー・ミー 4K UHD MovieNEX』:7,800円+税

『リメンバー・ミー MovieNEX スペシャルボックス BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSオリジナルアイテム付(数量限定)』:13,800円+税 

発売日:7月18日(水)
先行デジタル配信:7月4日(水) 
© 2018 Disney/Pixar

オフィシャルサイト
disney.jp/remember-me

『アナと雪の女王/家族の思い出 ブルーレイ&DVDセット』:3,800円+税
発売日:7月18日(水)
先行デジタル配信:7月4日(水)


【STORY】
クリスマスのお祝いは家族で・・・という伝統があるアレンデール。しかし、アナとエルサは幼い頃離れていたため、家族で過ごすクリスマスの思い出がありません。寂しそうなアナとエルサを見かねたオラフが、2人のためにクリスマスの家族の過ごし方を調べるため町中の家を訪ねます。たくさんの楽しそうな「クリスマスの家族の伝統」をお土産に集め、2人のもとへ帰ろうとすると、オラフにトラブルが・・・アナとエルサ、そしてオラフはどんなクリスマスを過ごせるのでしょうか?

© 2018 Disney

オフィシャルサイト
disney-studios.jp/anayukikazoku

『リメンバー・ミー』の舞台“死者の国”の重要なルールとは⁉ ボーナス映像解禁は、【es】エンタメステーションへ。

(更新日:2018年6月10日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME