top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高畑充希、辛かった幼少時代を告白「一匹狼のソフト版だった」

エンタメウィーク(芸能)

高畑充希、辛かった幼少時代を告白「一匹狼のソフト版だった」

女優の高畑充希が「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。自身の意外な幼少時代を明かし、話題になっています。

番組には、ミュージカル「ウェイトレス」で共演中の俳優・宮野真守、女優・宮澤エマも一緒に出演し、連日の舞台稽古についてトークを展開。宮澤が「復習しなきゃ、って思うんだけど倒れこんじゃう」と明かすと高畑は「分かる分かる!」と共感し「稽古がいっぱいいっぱいで、人間として停止している感じがする」と話しました。

また、自身の過去について語る場面も。幼少時代は独りが好きな「一匹狼のソフト版だった」という高畑。「10代の頃は『強くあらなきゃ』と思っていた」「不器用なほうなので、いつも心が折れていました」と言い、ストレスが溜まったときは泣いて発散していたとか。

これを見た視聴者からは「一匹狼はしんどくなるよね」「若い時、なぜか強くなきゃ!と思ってたのわかる。しかも芸能界は特に…」「ダメな部分を出して楽になることに気付いて本当によかった」といった応援する声が寄せられています。

高畑充希「いつも心が折れていました」 壁にぶつかった時の発散法を告白(fumumu)

データ提供:タレントデータバンク
(高畑 充希|1991/12/14生まれ|女性|AB型|大阪府出身)

高畑充希の関連作品




TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル