top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

高畑充希「10代はいつも心が折れていた」涙を流して発散を

SmartFLASH

 20代になってお酒を飲むようになり、「ダメになった私をみんなが楽しんでくれて、『これでいいんだ』って」と楽になったという。そして「人生が広がって今は第2ステージ」と語り、「毒を吐いたりもする。ベタベタの関西人なので」と苦笑した。

 

 本音を吐露した高畑にSNSでは賛美の声が寄せられた。

 

《高畑充希ちゃんの表現が独特で魅力的 独りが苦にならない「一匹狼のソフト版」幼少期から 20歳台は社交的になって「人生の第2ステージ」へって。 これから俳優や声優を目指す人たちにもちょっと参考になった回かも?》

広告の後にも続きます

 

《高畑さんのワードセンス最高だな笑》

 

《高畑充希ちゃんほんわかしててめっちゃワードチョイス最高》

 

「同番組で高畑さんは、憧れたヘレン・ケラーを17歳で演じて『やりたいこと、私、ない』と燃え尽き症候群になってしまったことを明かしています。

 

 それでも、『ミュージカルとか舞台はチケットが高いし、敷居が高い。そこを乗り越えて(見に来て)もらえる要素の一つになるのが夢だった』と、新たなモチベーションを見つけたようです」(芸能ライター)

 

 高畑は、多彩に活躍している。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル