top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

3.11陸前高田の震災ガイドが語る「震災と復興」のいま

防災ニッポン

2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年。津波により大きな被害を受けた岩手県陸前高田市では、震災の恐ろしさや復興への想(おも)いを伝える「震災ガイド」が2011年から活動を続けています。陸前高田観光ガイド部会・会長の河野正義(こうの まさよし)さんに震災と復興のいまを聞きました。

(画像提供:一般社団法人 陸前高田市観光物産協会)

東日本大震災により陸前高田の多くの人が犠牲に

陸前高田市は岩手県沿岸の最南端にあり、漁業が盛んな地域です。風光明媚(めいび)な景色が自慢で、市内の高田松原は日本百景に選ばれている美しいところです。

高田松原の背後には広い平地が広がっていて、そこに町の中心部がありました。田舎町なので普段は治安も良くて静か。夏になると七夕まつりが行われ、とても盛り上がります。

(画像提供:一般社団法人 陸前高田市観光物産協会)

広告の後にも続きます

しかし、2011年3月11日に津波による大きな被害を受けました。

陸前高田は震度6弱でしたが、地震そのものによる被害は町が壊滅するほどではありませんでした。ですがそのあとの大津波の被害が甚大で、特に町の中心部と隣の気仙町今泉地区は壊滅してしまいました。8千数百あった建物は3,000以上が全壊し、私の自宅も津波により流されました。

命は助かっても家族や知り合いが犠牲…

震災前に24,000人ほどだった陸前高田市の人口は、震災によって1,800人ほどが犠牲となりました。たとえ自分が助かっても、家族や親戚・友人に犠牲者が出なかったという人はいないのではというほどです。私自身も姉が今でも行方不明で、数えきれないくらいの親戚や友人が犠牲となっています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル