コムアイ銀幕デビュー!主演の沢尻エリカと舞台挨拶。まさかの「うんこ」発言!
コムアイ銀幕デビュー!主演の沢尻エリカと舞台挨拶。まさかの「うんこ」発言!
6年ぶり!沢尻エリカの主演作『猫は抱くもの』『ヘルタースケルター』以来6年ぶりとなる沢尻エリカの主演作、『猫は抱くもの』が2018年6月23日より全国公開を迎えるにあたり、都内にて完成披露試写会舞台挨拶が行われた。
 本作は今最も注目を集める若手演技派俳優、吉沢亮や、銀杏BOYZでヴォーカル&ギターを務める峯田和伸、水曜日のカンパネラのヴォーカル、コムアイが出演することで話題となっており、沢尻演じる元アイドルのアラサー沙織と、自分を沙織の恋人だと思い込んでいる飼い猫の良男が自分らしい生き方を見つけていく物語。

その中でコムアイが銀幕デビューを飾った役どころは、猫の“キイロ”を擬人化した姿。峯田は物語のキーマンとなる画家、ゴッホを演じている。

1人と1匹のリアルと妄想が入り混じる演出が見どころでもある本作は、実写の猫に加えて演劇風の演出やアニメーションなどの演出が織り込まれ、大胆且つ映画好きにも新鮮な作品となっている。

コムアイが銀幕デビュー!!



この日主演の沢尻や監督とともに登壇したコムアイは、猫を演じる上で意識したことについて聞かれ「リビングにいるポーズが普段から猫なので、お芝居っていうより自然に猫になれた気がします。」とコメント。

撮影中も猫仲間と一緒にいる時間が多かったようで「楽屋も猫っぽい感じでオンオフないような感じでした。岩松了さんが楽屋の床で寝られていて、10代の役者の方がまたぐみたいな(笑)、リアル猫捨て橋な感じの風景もありました(笑)」と、まさにオンオフのないような舞台裏であったことを語った。



事前インタビューで「猫の映画と聞いて、猫と遊べる!と思って受けたのに、実際は自分が猫役で猫と戯れるシーンがなかったのは落とし穴でした(笑)」と”猫愛”を語っているコムアイは、自身も猫を飼っていた経験があるようで、「もしも自分が猫だったら、何をしたいか?」という質問に対して「猫の仕草で一番好きなのが、うんこした後に自分で猫砂を掛けるんですよ。したいって言うより好きですね(笑)」と笑いを誘った。

舞台挨拶には、撮影後にそのまま沢尻家の一員に迎えられグリグリと名付けられたことでも話題となった猫の良男もサプライズ登場。犬堂監督がマイクを向けると「ニャ〜」とひと鳴き。そのコメント力に擬人化された姿を演じた吉沢亮はガッツポーズを見せる一面もあった。

※ページ下部に画像多数掲載

映画情報


『猫は抱くもの』
2018年6月23日(土)より新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
©2018『猫は抱くもの』製作委員会

主演:沢尻エリカ/吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ)/岩松了
映画『猫は抱くもの』公式サイト

映画『猫は抱くもの』完成披露試写会の模様をお届け!
コムアイが銀幕にデビュー!?主演の沢尻エリカと舞台挨拶に登場!!そして、まさかの「うんこ」発言!#猫は抱くもの #沢尻エリカ #吉沢亮 #コムアイ #銀杏BOYZ #水曜日のカンパネラhttps://t.co/Hnapmyq8Zp pic.twitter.com/eKp8lTyMUV

— 歌詞・音楽メディアUtaTen (@utaten) 2018年6月5日


(更新日:2018年6月7日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME